Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ロッテがサヨナラ劇勝 井上決めた!二塁打

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サンケイスポーツ

 (パ・リーグ、ロッテ4x-3楽天、19回戦、楽天12勝7敗、13日、ゾゾマリン)ロッテ・石川は楽天打線を相手に序盤に3点の先制を許し、苦しい展開を強いられた。  一回1死から鈴木大に内寄りの真っすぐを捉えられ、右翼席へ先制ソロを浴びた。続く二回も先頭から2連打を浴び、足立の適時打などで2点を失った。  今季ここまで7勝を挙げているが、楽天相手にはここまで3試合の登板で1勝2敗、防御率6・38と分が悪い。敵地では2戦2敗と分が悪く、9月22日の前回登板は6回1/3を投げて3本塁打を含む9安打で今季ワーストの8失点。「何もないですね。全体的に良くなかった」と反省しきりだった。  五回まで無得点の打線は六回に反撃。西巻、藤原の連打などで1死二、三塁とし、マーティンの一ゴロの間に1点を返すと、七回は中村奨がこの試合3本目の安打となる8号ソロを放って1点差。八回には2死三塁から2番手・牧田の暴投で追いつき、九回1死一塁から井上の右中間二塁打でサヨナラ勝ちした。  2005年以来のリーグ優勝に向けて負けられない戦いが続く中、14日の試合にはメジャー通算59勝の左腕、チェン・ウェインが初先発する。残り22試合、力を全て振り絞り、チーム一丸で悲願の優勝を狙う。(石井孝尚)

【関連記事】