Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

自己啓発本は、読めば読むほど自信を失う。“自分の長所”に気づくヒントは「クセ」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
新R25

「やりたいことで生きていきたい」「好きなことを仕事にしたい」 そう願う人々に向け、株式会社Meee代表取締役の八木仁平さんが『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』(KADOKAWA)を上梓されました。 世界に「夢中で生きる人」を増やすために「自己理解」を広める活動をされている八木さんは、確信を込めて次のように語っています。 「伝えたいのは、さっさと自己理解で『やりたいこと』探しを終わらせてください」 やりたいことで生きるために、私たちはどうすればいいのでしょうか。その答えがきっとここにあります。 今回はその中から、代わりのいない存在になる方法についてお届けします。

「自己啓発本」を読めば読むほど自信を失うワケ

「どうすれば成功できるのか?」と考えて、自己啓発本を読み漁る人がいますが、それは逆効果です。 むしろ自己啓発本を読めば読むほど、自信を失ってしまいます。 なぜでしょうか。 それは、「著者の長所の使い方」を学んでしまっているからです。 自己啓発本には「俺はこうやったら上手くいったぜ!」という成功例が、それが唯一の正解のように書かれています。 けれど、それはその著者にとっての長所の使い方であって、あなたに当てはまるとは限りませんし、アドバイスを真に受けて行動しても、それがあなたの適性に合っていなければ意味がありません。 やればやるほど「著者の言う通りに実践しても結果が出ないなんて、僕はどうしようもなくダメなんだ…」と、どんどん自信を失ってしまうだけです。 僕自身、大学時代に「とにかく人脈を広げろ」と書かれている本を読んで、ヒッチハイクを100回やってみるという目標を立てました。 けれど、それは自分にとっては苦痛でしかありませんでした。初対面の人と話すのが本当に苦手だからです。やればやるほど「全然仲良くなれない…」と自信を失うばかりでした。 結果的に100回ヒッチハイクをして得られたのは「自分には初対面の人と毎日話すことは向いていない」という学びでした。 当時の僕は、自分が魚であることに気づかずに空を飛ぶ練習をしてしまっているような状態でした。そして「どれだけ練習しても飛べない、自分はダメなんだ」と自信を失っていました。 空を飛ぶ鳥に憧れる前に「自分はどんな才能を持っているんだろう?」と考えてみなければならなかったのです。 自分の向いていないことを理解できたのは収穫ですが、その時間で自分の長所を使って前進した方がよっぽど有益です。 あなたは海を泳ぐ魚でしょうか? それとも空を飛ぶ鳥でしょうか? 少数の人を大事にして結果を出す人もいれば、人脈を駆使して結果を出す人もいます。 「本当に大事にできる仲間を持て」も「広く人脈を作れ」も、どちらもたしかに正解なのです。 そこで大事なのは、「誰かの長所の使い方を真似る」ことではなく、「自分だけが使える勝ちパターン」を手に入れることです。 そして自分だけの取扱説明書を作ってください。 それが手に入れば自分の苦手なことをやって「なんかやる気が出ない」という日がなくなり、人生ゲームの攻略難易度は一気に下がります。 その取扱説明書は自己啓発本をいくら読んでも見つかりません。 自分のこれまでの経験のなかにしか眠っていないからです。 〈POINT〉 ×自己啓発本を読めば、成功する方法が分かる ○自分の成功法則は、自分のなかにしかない 出典 『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』

【関連記事】

最終更新:
新R25