Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【いま評判の「いい車」に試乗してみた】スバル XV/ボルボ XC 40

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

4輪駆動と自動ブレーキの先駆。雪でも雨でも安心感がきわだつSUV スバル/XV

2020年、世界最高水準の安全・安心・楽しい機能を誇る車たち。 その中から、いま評判の「いい車」に試乗してみた。 今回は、スバル XVとボルボ XC 40の2台を紹介する。 昨年10月にマイナーチェンジを行ない、「アイサイトツーリングアシスト」を全車標準装備になったスバル/XV。4WD性能も向上した。SUVの資質を持つ小型ハッチバック。 原動機 ハイブリッド 全長×全幅×全高 4465×1800×1550mm ホイールベース 2670mm 車両重量 1530kg エンジン排気量 1995cc 乗車定員 5名 最高出力 145PS+13.6PS(モーター) 最大トルク 19.2kg-m+6.6kg-m(モーター) 燃料消費率 15.0km/L(WLTCモード) 燃料 ガソリン・48L 車両価格 265万1000円(税込み・2.0e-L EyeSight) 問い合わせ: スバル 0120・052215

【歴史】インプレッサ・グラベルEX 1995~2000年

初代インプレッサをRV的にアレンジしたのがこの車。のちのXVやフォレスターのルーツだ。

日本のメーカーでもっとも早く高性能カメラを用いた“自動ブレーキ”のシステムを搭載し、多くの運転支援装置の普及に取り組んできたスバル。その世界トップクラスの運転支援システムが、昨年秋からXV全車に標準装備された。

スバルが誇るもうひとつの技術、4WDの統合制御システム「XMODE」にも、新機能が加わった。雪道や砂利道などの滑りやすい路面のほかに、深雪やぬかるみといった、タイヤが埋まってしまうような状況を克服する走行モードが選べるようになった。冬場に雪道を走ることの多い運転者には心強いし、最近は都市部でも突然の豪雪に見舞われることが多い。備えあれば憂いなしである。

常時4つの車輪に駆動力を配分するスバルの4WDシステムは、雪の日だけでなく、日々の安全運転を支援する。雨の日や強風時に、細かな横滑りを防ぎ、運転者の疲れを減らしてくれるのだ。

【関連記事】