Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新海誠監督『天気の子』背景ミス明かす “雲”のレイヤー表示忘れて「血の気が引きました」

配信

オリコン

 アニメ映画『天気の子』(2019年)の新海誠監督が27日、同作のBlu-ray&DVDが同日に発売されたことを受け、自身のツイッターを更新。劇場版から一部修正した箇所があるとし「血の気が引きました」と言うほどのミスがあったことを明かした。 【写真】監督が投稿した『天気の子』背景ミスの比較画像…どちらも美麗  『天気の子』は、天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻ろうされる少年・森嶋帆高と少女・天野陽菜が自らの生き方を「選択」する物語。雨が降り続いたり、雨が上がって雲の切れ間から太陽の光が差し込んだり、新海監督の真骨頂ともいえる緻密で美しい空・雲・光の描写が際立つ。  ツイッターでは「3年前にスタートしたこのプロジェクトも今日でついにゴール、お終いなんだなと思うと寂しくもあり…。今までお付き合いいただいたすべての皆さまに感謝です」と応援するファンに対して思いをつづった。  続けて「ちなみにDVD/BD、ほぼ気付かれないような微妙な修正を何箇所かしておりますが、一番わかりやすいのはここかも」と修正前と後の比較画像を投稿。「上が劇場公開版、下がパッケージ版です。スクリーンで雲のレイヤーを表示し忘れたのに気づいた時には血の気が引きました笑。でもまあ、今となっては劇場版は貴重な状態だったかも。ははは」と修正箇所を説明した。  該当箇所は帆高と陽菜の空のシーンで、劇場版だと空から見た地上が大きく描かれているが、修正後は、空にいるため雲を描いて地上を少し見えないようにしている。今回、修正箇所を明かしたことでネット上では「なんだ、どっちも最高じゃねーか」「僕は天気の子100回以上見たからあれ?って気づきました笑」「個人的な見解ですがスクリーンで見たその景色はとても感動的で素晴らしいものでした。貴重なシーンを目に焼き付けることができてよかったです」「雲のレイヤーで隠すのにそこまで地上書かせたのか…」など驚きの声をあげている。

【関連記事】