Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

妻が、MacBook Proにコーヒーをこぼした

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FUNQ

酔った妻が、彼女に譲ったMacBook Pro 15インチ Retinaの上にコーヒーをこぼした

僕と息子(高2)にとって、その瞬間はスローモーションのように起こる出来事がゆっくりと見えた。 とっさに動きたかったが、見ている光景をなんとかしたいという気持ちとは裏腹に、自分の身体の動きはゆっくりと感じた。 夕食後、めずらしく『ほろよい』を飲んで、少し酔っていた妻が、僕が足を投げ出していた椅子を避けて、リビングの隅にある小さなパソコンデスクの椅子に座ろうとして、つまずいた。 そして、僕と息子が一瞬前に頭に描いた通りに、MacBook Proのキートップの上にコーヒーがこぼれた。

現場で打てるだけの手は打ったのだが

僕と息子は、無言でMacBook Proを取り上げ、即座に電源を切り、コーヒーが少しでも浸透していかないように裏返して広げたタオルの上に置いて水分を少しでも出そうとした。何度かそれを繰り返したが、水分はあまり出てこなくなった。 が、キーボードの隙間に水分は見えている。ドライバーや、ピンセットの入ってる工具箱を持ってきたりと、こちらのやりたいことを、無言でサポートしてくれる息子が心強かった。よくわかってる(笑)

電源が入った状態で通電する部分が水分に触れると、ショートしてダメージが大きくなる。パソコンやスマホが水没した際は可能な限り、電源を切った方がいい。可能ならバッテリーを外したい(今どき、無理だが)。 ちょっと失敗だったのが、拭いたり裏返したりしている時に、2度ほど電源が入ってしまったということだ。 妻の使っていたMacBook Proは、私のお古で、2013年のRetina 15インチ。7年前のモデルではあるが、Core i7 2.2GHzのクアッドコア、16GBメモリー、1TB SSDでモリモリのマシンだ。実は僕が今現役で使っているMacBook Pro 13インチ(2016)よりベンチマークのスペックは高い。 僕が、3年間仕事に使ったモデルで、海外取材などでも大切に使ってきたマシンだ。死なせるわけにはいなない。しかし、何しろ7年前のモデルだ。当然のことながら、保証もアップルケアもとうに切れている。

【関連記事】

最終更新:
FUNQ