Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

異色の高卒起業家が率いるEVメーカー「理想汽車」、理想を捨て実現したIPO

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ITmedia ビジネスオンライン

 7月30日、中国EVメーカー「理想汽車」がナスダックに上場した。その企業名を知る日本人は多くないが、コロナ禍を乗り越えてIPOを果たした同社は、中国国内でのメーカー間の競争から一歩抜け出し、テスラのライバルを名乗る資格を手にしたと評価されている。そして理想汽車のIPOに至る道のりからは、中国マーケットの豊かさと厳しさの両方を感じ取ることができる。 ナスダックに上場を果たした「理想汽車」は、中国IT系でも異色の高卒”連続”起業家が創業

伏兵のIPO、中国でも驚き広がる

 理想汽車の上場初日の終値は16.46ドルで、公募価格の11.5ドルを43.1%上回り、時価総額も2018年に中国EVメーカーとして初めて米市場に上場した蔚来汽車(NIO)を一時抜いた。  実は中国市場では、NIOに続いて上場するのは18年12月に量産車を発売した小鵬汽車だと見られていた。そのため19年12月に最初の量産車「理想ONE」を発売したばかりの理想汽車が、IPOで先行したことには驚きが走った。IPOの目論見書によると、同社の純損失は18年が15億3200万元(約230億円)、19年が24億3800万元(約370億円)だった。しかし20年第1四半期は、売上高8億4000万元(約120億円)を計上し、純損失も2億3300万元(約35億円)まで縮小しているうえ、理想ONEの販売台数も既に5000台を超えていることが判明した。  伏兵の理想汽車がコロナ禍にもかかわらず躍進しているのは、創業者が連続起業家であるため、理想を追うだけでなく現実的な判断ができたことも大きく関係しているだろう。

高卒の連続起業家、2度目の上場

 創業者の氏名「李想(Li Xiang)」は、社名の「理想(Lixiang)」と同音異字だ。81年生まれの彼は大学に進学せず、00年に1回目の起業に挑戦した。有名大卒が多い中国のIT系起業家の中では異色の高卒起業家でもある。  李氏が自動車業界に足を踏み入れたのは、2回目の起業として自動車情報プラットフォーム「汽車之家」を設立した05年。同社は短期間のうちに中国で業界最大手に成長し、13年にニューヨーク市場に上場した。だが李氏は15年に同社のCEOを退任、EVメーカー理想汽車を創業した。  中国ではPM2.5などで大気汚染が深刻化し、政府が環境対策に力を入れ始めた14年にEV企業が多数設立され、後に「EV元年」と呼ばれるようになった。14年にテスラを購入した李氏も、ブームに乗って15年7月にEVメーカーを立ち上げた。  同社が19年12月に「理想ONE」を発売したことは前述したが、これは純EVではなく、プラグインハイブリッド車(PHEV)だ。理想汽車は、開発過程で技術や資金の問題に直面した結果、補助としてガソリンエンジンで発電できるレンジエクステンダーEVの量産化に目標を切り替えることで開発コストを落とし、競争相手が少ない大型SUVにフォーカスした。  理想を引っ込めて19年末に量産化を実現した李想氏の判断は、結果的に大正解だった。というのもその直後に新型コロナウイルスが拡大し、コロナ前に量産化が間に合わなかったEV企業は20年に入って次々に破綻しているからだ。  米国で派手なプロモーションを展開し、注目を集めていたBYTON(バイトン)は、7月1日に事業を停止した。最新の技術を詰め込んだ高級車を生産しようとしていたBYTONが、量産化の前に行き詰まったのに対し、理想汽車はコロナ前に予約受け付けを開始し、20年6月初めにはテンセントグループに属し、出前アプリで知られる美団点評などから、5億5000万ドル(約5800億円)を調達した。  中国政府がアフターコロナの経済対策として、本来は打ち切り予定だったEV車への補助金延長を決めた結果、生存可能性が高い少数の企業に、資金が集中しているのだ。

【関連記事】