Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【東都】亜大がタイブレークの延長11回にサヨナラ勝ち

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
スポーツ報知

◆東都大学野球秋季リーグ戦第1週第2日 ▽亜大6X―5立正大=延長11回タイブレーク(25日・神宮)  3―3の同点で延長タイブレークとなった雨中の熱戦は、10回の表裏に2点ずつ奪い合い、11回に突入した。先攻の立正大は、無死一、二塁から5番・立松由宇捕手(4年=藤代)がバントではなく強気に攻めて遊ゴロ併殺に。次打者も三振に終わり、痛恨の無得点となった。  後攻の亜大も、無死一、二塁からのバントが失敗し、三塁で封殺。次打者は右飛に打ち取られ、チャンスを逃すかに見えたが、代打の山下滉介外野手(2年=岡山理大付)が右越えのタイムリーを放って、9回サヨナラ負けを喫した1回戦の雪辱を果たした。  「自分の持ち味である、思い切りのいいスイングを心がけました。少し詰まって打球が上がった感じでしたが、風が押してくれました。(サヨナラ打は)気持ちいいです」と山下。リーグ戦で通算2本目のヒットが、チームに勝利をもたらした。  一方、敗れた立正大・坂田精二郎監督は「タイブレークは難しい。(11回表の強攻は)相手はバントシフトを取るだろうし、こちらは打てる打者だったので懸けてみた。自分の作戦で勝たせることができなかった」と残念そうに振り返っていた。

報知新聞社

【関連記事】