Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

週間天気予報 九州など梅雨入り間近 本州も所々で雨

配信

ウェザーニュース

 この先一週間は、梅雨前線が本州の南から九州南部付近に停滞する日が多く、前線に近いところほど曇りや雨の日が多くなる予想です。前線から離れた所でも、湿った空気や気圧の谷の影響を受けて、雨の降る日があります。  ■この先1週間のポイント■ ・明日日曜にかけ所々で雨 ・九州や四国は梅雨入り間近か ・北海道は真夏日の可能性 寒暖差に注意

明日日曜にかけ所々で雨

 明日31日(日)にかけて、梅雨前線が北上して本州に近づくため、西日本を中心に曇りや雨の所が多くなる予想です。  また、週明けの6月1日(月)から2日(火)にかけても梅雨前線上を進む低気圧の影響で、西日本や東日本で雨の降るところがある予想です。北日本も湿った空気や気圧の谷の影響で、週後半にかけてたびたび雨が降る見込みです。

九州や四国は梅雨入り間近か

 これまでは沖縄や奄美周辺に停滞していた梅雨前線が、この先一週間は本州の南から九州南部付近に停滞する日が多くなります。九州南部では、早ければ今日か明日にも気象台が梅雨入りの発表を行うかもしれません。  平年の梅雨入りは、九州南部で5月31日頃、九州北部や四国では6月5日頃です。雨の多い季節への備えは早めに進めるようにしましょう。

北海道は真夏日の可能性 寒暖差に注意

 北海道では週明けにかけて気温の高くなる日が続く予想です。札幌や旭川でも最高気温が25℃以上の夏日となり、帯広や北見など道東の内陸では30℃以上の真夏日となる可能性もあります。  また、昼間は暑くなるものの朝番の肌寒さは続くため、一日の中での寒暖差にも注意が必要です。

ウェザーニュース

【関連記事】