Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“朝ドラ”初出演!小南満佑子がデュエットを披露「山崎(育三郎)さんの存在はとても心強かったです」<エール>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

窪田正孝主演、二階堂ふみがヒロインを務める連続テレビ小説「エール」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか※土曜は月~金曜の振り返り)。第32回(5月12日)の放送で新たに登場したヒロインのライバル・夏目千鶴子を演じる小南満佑子がコメントを寄せた。 【写真を見る】デュエットを申し込む久志(山崎育三郎)と応える千鶴子(小南満佑子) 本作は、「栄冠は君に輝く~全国高等学校野球大会の歌~」など数々の名曲を生み出してきた昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而氏と、妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)氏をモデルに、音楽と共に生きた夫婦の姿を描く。 窪田は、福島で代々続く老舗呉服店の長男で、気弱でいじめられがちだったが音楽と出合い、その秘めた才能を発揮して作曲を始める古山裕一を、二階堂が裕一の妻となる関内音を演じる。 小南が演じるのは、音が通う東京帝国音楽学校の声楽科の生徒でソロリサイタルも開催するほどの実力者である千鶴子。第32回では上級生のプリンス・久志を演じる山崎育三郎と、イタリア語のオペラであるモーツァルト作詞作曲のドン・ジョヴァンニ「La Ci Darem La Mano」を歌唱するシーンが放送された。 これまで、数々のミュージカルに出演してきた小南だが、今回の「エール」が“朝ドラ”初出演であり、映像作品も初出演だという。そんな小南に撮影に参加してみての感想や、山崎との共演シーンについてなどを聞いた。 ■ 小南満佑子「一度目から呼吸が自然に合わさる感覚があり…」 ――映像作品初参加となりますが、演じられてみていかがですか? 出演が決まった時は、初めての映像のお仕事が“朝ドラ”ということにとても嬉しく光栄に思う気持ちと、日本中の誰もが知っているドラマに出演させて頂くという責任を強く感じました。撮影現場では、見るもの聞くもの全てが新鮮で、毎回緊張の連続でしたが、スタッフ・出演者の皆様が温かく迎えて下さり、安心して役に集中することができました。又、監督とは役についていろいろとお話させて頂いたり、歌うシーンではスタッフさんが加湿器を常に側に置いて下さったり、音楽チームの方々が細かくご指導下さったり、あらゆる面から支えて頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。 特に、一番多く御一緒させて頂いた音役の二階堂ふみさんとは、劇中では良きライバルという関係ですが、撮影中はいつもフレンドリーに接して下さり、お芝居に対する真摯な姿勢や温かい人柄に多くのことを学ばせて頂きました。 私自身は、朝ドラ初出演ですが、初めての映像作品でこの様な素晴らしい作品、スタッフの皆様、キャストの皆様と出逢え、お仕事させて頂く日々は大変貴重な経験であり、本当にありがたく思います。 ――第32回の歌唱シーンについて、心がけたことや山崎育三郎さんとのエピソードなどはありますか? 第32回の歌唱シーンでは、山崎育三郎さん演じる久志さんとオペラ「ドン・ジョバンニ」の中から1曲デュエットを披露しました。 久志さんと一緒に歌わせて頂くにあたり、やはり全生徒憧れのプリンスとの初デュエットに対する喜びも持ちつつ、音楽学校の中でエリートと呼ばれ、実力を持つ千鶴子なので、いつもと変わらず、クールに、堂々と振る舞うように、歌唱中は歌にばかり集中し過ぎず、オペラの中の一つのシーンとその役の心情に寄り添いながら、久志さんとの呼吸を大切にするよう心がけました。 山崎さんはミュージカル界の先輩ですが、実は御一緒させて頂くのは今回が初めてです。ドラマの現場が初めての私に、色々と教えて下さり、緊張していると気遣って話しかけて下さったりと、山崎さんの存在はとても心強かったです。デュエットももちろん初めてでしたが、リハーサルの際、一度目から呼吸が自然に合わさる感覚があり、たくさんリードして頂いたことに大変感謝しております。(ザテレビジョン)

【関連記事】