Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「東京」と書いて何と読む? 実はかつて「トウケイ」と読んだ時代があった

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
アーバン ライフ メトロ

明治天皇の大阪行幸

「東京」と書いて「トーキョー」「トウキョウ」と読むのは、現在では常識です。しかし明治時代からしばらくの間、どう読むのか決まりがなく、さまざまな呼び名が混在していた時期があったのをご存じでしょうか。 【クイズ】舎人、砧、東雲……東京の「難読地名」、あなたはいくつ読める?  毎年7月17日は「東京の日」です。1868(明治元)年のこの日に、江戸が東京府に改称したことを記念して制定されました。  明治維新を経て、近代国家設立に向けて新政府による改革が始まりますが、このときに問題になったのは京都では公家の勢力が強く、思うように改革が進まないことでした。  古い因習を断って改革を進めることは、新政府の急務です。1868年3月には、明治天皇が40日あまり大阪を行幸。本願寺津村別院を拠点に大阪の各地を回り、観艦式(かんかんしき。自国の艦隊の威容を観閲する儀式)なども行っています。  このときの大阪行幸には、三種の神器のひとつである八咫鏡(やたのかがみ)を祭る内侍所(ないしどころ)が伴っています。内侍所は天皇の権威を示す上で重要であり、これを伴っていたということは、約40日は実質、大阪が日本の首都だったと言えます。

大阪遷都論から江戸遷都論へ

 この大阪行幸の目的は、大久保利通が提唱していた大阪遷都論でした。  京都の因習を断つ立地として、瀬戸内海に面した大阪は有望な土地と考えられていました。この行幸の前に、大久保は大阪遷都論の建白書を提出しています。  しかし公家からの反発を呼び、ひとまず行幸という形で、明治天皇は大阪へと向かったというわけです。  このとき大久保には、情勢によって大阪をそのまま首都にしてしまおうという腹があったのかもしれません。  これに対して大久保に江戸への遷都を勧めたのが、後に日本の郵便事業を創立する前島密(ひそか)です。  前島は江戸を首都にしなければ衰退してしまうこと、さらに日本の中央にあることなどを挙げて、江戸遷都論を進めます。大久保もこれに理解を示し、江戸城が無血開城したこともあり、江戸遷都論に傾くのです。

【関連記事】