Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ママ2000人調査から明らかになった本当の困り事

配信

オルタナ

社会課題に関する調査・分析事業などを行うシンカ(東京・大田)はこのほど、子育て中の母親約2000人にコロナ禍で困っていることを調査した。同社の子育てサポートチームが調査結果を分析した。(オルタナS編集部) アンケートはLINEを活用したWebアンケート形式で実施し、全国の未成年の子どもを持つママ2,210人(既婚/事実婚:1793人、シングル/未婚含む:417人)から回答を得た。 現在の状況で困っていることとしては以下のグラフのように、金銭面の他、自宅待機による弊害として起こる問題が大半であった。

家庭環境別に見ると、金銭面について既婚家庭では、37.0%が困っていると回答しているのに対し、シングル家庭では62.3%と4割近く比率がアップしており、平均を大幅に超えていた。このことから、シングル家庭がより金銭面で厳しい環境に置かれているということが明らかとなった。 一方で、子どもにイライラしてしまうという回答は、既婚家庭が21.2%で平均を上回るのに対し、シングル家庭では13.6%と平均を下回った。同様に、怒る回数が増えたという回答についても同様の傾向が見られ、既婚家庭が33.5%なのに対し、シングル家庭は23.2%と10%ほど低い回答となった。 国や自治体に向けて伝えたいママからのSOSという質問に対する回答では、「1人10万円支給はとてもありがたいけど1回だけもらってもその先の不安は消えない。こどもの預け先もなく、仕事も自粛で休みなのですでに2か月以上収入がない。税金も滞納。ローンも払えない」というような意見をはじめ、10万円の助成金では一時的に経済的不安を取り除いたに過ぎないという意見や、本当に困窮している家庭に給付すべきという声が上がっている。 その他、意見として明記されることはほとんど無かったが、金銭面での不安以外はほぼ自宅待機によって発生する課題であった。それらを見てみると、他国ではすでに事象として顕現化している報道もあるが、現在の状況が続くと既婚・シングルを問わず家庭内ストレスがDV、児童虐待という最悪の状況を生んでしまう可能性を感じる内容となっている。

【関連記事】