Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【Special Interview】A.ラミレス「ただ優勝だけを考えて戦っていく」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

優勝を目指して戦う横浜DeNAベイスターズ。その裏側では何が起こっているのか。“in progress”=“現在進行形”の名の通り、チームの真実の姿をリアルタイムで描く、もう一つの「FOR REAL」。

 例年より3カ月ほど遅れて始まった2020年のシーズンも、まもなく折り返し地点。ベイスターズは56試合を戦い終えて、27勝26敗3分のセ・リーグ2位につけている。  前半戦を振り返るとき、A.ラミレス監督の胸中にはどんな思いがこみ上げるのだろう。 「現段階で勝率5割を上回っていること、そして2位というポジションにいられていることに対しては、率直にうれしく思う。特に、先発を担うピッチャーたちのがんばりが目を引いた。一方で、『もっとできたはずだ』という気持ちもある――」  就任5年目になる指揮官の言葉には、手ごたえと悔しさが入り混じっていた。

私が監督である限り、佐野は「4番・レフト」。

――まず攻撃面に関して。直近の対ドラゴンズ3連戦で数字を落としたものの、リーグで2番目に高いチーム打率(.267)をマークしています。主軸を中心として、打線はおおむね好調でした。 「今シーズンのテーマは“デイ・バイ・デイ”ベースボール。試合ごとに打線を組み替え、起用された選手たちそれぞれがいい結果を出してくれたことが、チーム打率の高さにつながったのだと思う。レギュラーだけではなく、主にバックアップを務める選手たちもよくやってくれて、打率を押し上げてくれた。中軸では、佐野恵太と宮崎敏郎が非常に安定していた」 ――日々、バラエティに富むラインアップが組まれたなかで唯一、「4番・レフト」で不動だったのが佐野選手でした。打率.333はリーグ1位。7月22日にようやく第1号が出たホームランも、気がつけばチームトップタイの9本にまで伸びています。 「佐野の成績は、多くの人が期待していた以上のものだろう。彼に期待を懸けてきた私の予想をも上回っている。もともと対右ピッチャーには強かったが、今年は対左でもすばらしい成績を残しているし、得点圏打率もゆうに3割を超えている。私がベイスターズの監督である限りは、彼を4番・レフトで起用するつもりだ。ベイスターズの4番・レフトは佐野。“ベイスターズ=佐野”と言ってもいいくらいの立場を彼には築き上げてもらいたい」

【関連記事】