Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

デヴィ夫人の婚活論「ハイスペック男からプロポーズされ続ける人生」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
with online

求婚され続ける人生

今回のお話はデヴィ夫人の“求婚され続ける人生”についてです。女性として生まれてきたからには、ステキな男性から求婚され続けるなんて憧れますよね! そんな人生を過ごすためのキーワードは、どちらが“主導権”を握れるか。では、主導権を握るにはどうすればいいの? その答えを夫人に語ってもらいました。 【デヴィ夫人の婚活論】記事一覧はこちら

男から選ばれる女

みなさま、ごきげんよう。 デヴィ・スカルノでございます。 わたくしはたくさんの方から「どうしていつもハイスペックの人とばかり付き合えるのですか?」とよく質問をされております。 まず、みなさまにお伝えしたいのは、『自分が選んだ男の人は大抵間違い』だということでございます。だから、女性のみなさまは自分から男の人を選んではいけません。 では、どうやって結婚をするのかと申しますと『男性から選ばれる』のです。 女性の場合は一般的に、ご自分が男性を選んでしまうと、ご自分のルールに沿った“幸せの形”に当てはめてしまうのです。だから、一緒にいるうちにちょっとでもイメージと違うことが起こったとき、“ああ、自分の幸せの形はこれじゃない”って簡単に気持ちが壊れてしまうのです。そういうことを繰り返していくうちに、まあ、別れや離婚という形を選ぶことになるのでしょうね。

恋愛の明暗は主導権を握れるか否か

みなさまはおわかり? 大切なことだからもう少しわかりやすく説明いたしますと、女性のほうが素敵な男性を見つけ追いかけてしまうと、そのイメージに恋をしてしまい、その男性そのものに『恋』をしていない可能性があるのですよ。 だから恋愛が進んでいき結婚したとたん「あら、こういう人だったの? ちょっと違うわ」ということになるのです。 だからこそ、男性から 「選ばれる女」 「求められる女」 になる必要があるのでございます。 男性があなたのことを好きで求めている。 男性があなたのことを欲している。 男性があなたと結婚したいと思っている。 恋愛の明暗は主導権を握れるか否かにかかっています。

【関連記事】