Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

本当にリッチなのは「年収1000万円世帯」か「年収300万円世帯」か

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
マネーポストWEB

「そこへ子供の教育費がのしかかる。年収1000万円世帯は所得制限によって児童手当は満額給付の半分の年間6万円となり、『高校無償化』も対象外となることがある。生活レベルが上がる一方で国からの補助は減り、貯金や投資に回すお金は意外と残りません」(能勢さん)

 政府の調査「家計の金融行動に関する世論調査(二人以上世帯調査)令和元年」でも、年収1000万円以上1200万円未満の世帯の16%が「貯蓄をしなかった」と回答している。『月10万円で より豊かに暮らす ミニマリスト生活』(クロスメディア・パブリッシング)著者で、YouTuberとして活動するミニマリストタケルさんは「高収入が必ずしも幸せとは限らない」と話す。

「YouTubeの企画で、高収入の人たちにも出会ってきましたが、『生活が苦しい』と話す人は少なくありませんでした。物欲というのは際限がないので、収入とともに消費も増えます。やがて、『もっと稼がなくては』という強迫観念が生まれると、苦しさしか残りません」

手取り20万円の方が「幸福感」を得やすい

 お金を稼ぐ苦しさは、低収入の家庭でも変わらないはずだが、平均年収より少ない「年収300万円世帯」においては、生活はさほど困難ではないという。能勢さんが続ける。

「額面は月25万円なので手取りは20万円程度。そうなると、職場から多少離れていても、家賃は10万円以下程度の安いところを選びます。当然、車は持たず、外食も会食もコスパ優先で月2万円もかからない。児童手当は満額受け取れますから、結局、日々の生活費に使えるお金は年収1000万円の家庭と大して変わらないんです」

 毎日の食費、光熱費、携帯料金などの生活費は、節約の腕の見せどころ。ファイナンシャルプランナーの花輪陽子さんは、「金銭感覚は、年収300万円の人の方が健全なことが多い」と指摘する。

「年収1000万円の家庭では、使途不明な出費が非常に目立つ傾向がありますが、年収の少ない家庭は“危機感”が常にあるため、お金の流れをしっかり把握している人が多い。特に、食費に明らかな差が出ます」

【関連記事】