Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「北川景子」父が三菱重工で出世 夫・DAIGOは竹下ファミリーの後継者に?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリー新潮

 間もなく母親になる北川景子(33)には、去就が注目される2人の「男」がいる。名門企業の幹部である父と夫・DAIGO(42)である。とりわけ厄年を迎えたDAIGOにとって、祖父の地盤から聞こえてくるのは、あの「声」なのだ。 【写真】「KSK」からなるプロポーズを受けて結婚したDAIGOと北川景子  ***

 北川の父親が三菱重工の幹部であることを、本誌(「週刊新潮」)が報じたのは2年前。当時は防衛・宇宙セグメントのNo.2という立場にあったが、昨年4月、「艦艇・特殊機械事業部長」という新ポストに就任、「役員 シニアフェロー」という肩書も付いた。 「北川さんが部長を務めているのは、昨年度に新設された部署です。海上自衛隊の新型護衛艦(FFM)の建造を始めており、最終的には20艇以上を造る計画です」(三菱重工の関係者)  順当に行けば、次はセグメント長になると見られているのだが、気になるのは、その「先」である。 「三菱重工は大きく分けて原子力・造船などの産業部門、そして自衛隊関連の防衛部門から成ります。しかし、防衛部門は売り上げが、国の予算から出ており、そこからトップを出すことを避けてきました」(経済ジャーナリストの小宮和行氏)  一方で、最近は事情が変わってきているとも。花形部門だった原子力はパッとせず、三菱スペースジェットの開発もうまくいっていないからだ。

「知名度はすごい」が

「北川さんがセグメント長になると、次期戦闘機の開発を担うことになる。トータルで数兆円のプロジェクトですから、社内的にも責任の重い立場になります」(三菱重工の関係者)  娘の景子も同社のCMに出演。親子ともども注目されているわけだが、娘婿・DAIGOに対する永田町の期待も冷めてはいない。  知られているように、DAIGOの祖父は竹下登元総理。そして大叔父は、元自民党総務会長の竹下亘代議士である。その亘氏も73歳。昨年1月には食道がんであることを公表し、現在も治療中の身である。亘氏の2人の息子に後を継ぐ意思はなく、本家の酒蔵「竹下本店」の息子たちにも、その気はないという。

【関連記事】