Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

メラニア夫人、新調コートでメモリアルデーの式典へ! ファーストレディの貫禄に磨きをかける【SPURセレブ通信】

配信

集英社ハピプラニュース

2020年5月25日は、アメリカの戦没者追悼記念日(メモリアルデー)。ヴァージニア州のアーリントン墓地で行われた献花式には、トランプ大統領(73)とともにメラニア夫人(50)も出席した。 【画像】大バッシングから一転、ファッションセンス含め評価を得ているメラニア夫人の最新写真 アメリカの一大イベントに夫人が選んだのは、グッチの白いコート。フォーマル感のあるダブルブレストだが、体のラインにふんわりと沿ったAラインで女性らしさも。公式の場にぴったりなデザインで、品格を漂わせた。 さらに足元には同色のパンプスを合わせるなど、隙のないスタイリングに仕上げたメラニア夫人。髪をなびかせて颯爽と歩く姿からは、ファーストレディの貫禄が! そんなメラニア夫人は、かねてからグッチのコートがお気に入り。今年2月にホワイトハウスで開かれた昼食会でも、ダブルGモチーフのベルトつきコートを着用。エレガントな着こなしが話題となったばかり。 トランプ大統領就任当初は、「モデル上がり」と揶揄され、国民からの評判もイマイチだったメラニア夫人。2017年にハリケーンの被災地を訪問した際は、10センチ超えのピンヒールを履いて登場し、大バッシングを浴びたことも……。 しかし、その後は公務に熱心に取り組むなど、ファーストレディとしての仕事を着実に務め上げ、マイナスイメージを撤回。現在はファッションセンスを含め、高い評価を得ている。 先日参加した卒業セレモニーでは、卒業生たちに「自分のやりたいことにフォーカスして、人生を歩んでほしい。例え途中でつまずいたとしても、自分を信じて、そして諦めないで」と凛とした姿勢で語りかけたメラニア夫人。今後はトランプ大統領以上に注目を集める存在になりそう!? Photo:アフロ Text:Kyoko Kawaguchi

【関連記事】