Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

うつ病になったら、年金制度で保障される? 知っておきたい障害年金について

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファイナンシャルフィールド

在宅ワークが続き、メンタル面に不調を感じる方も増えているようです。金銭的な不安もあり、先が見えない不安にさいなまれている人も少なくありません。 万一うつ病になった場合には、年金制度で保障が受けられます。その仕組みと、どのように請求すれば良いのかを解説します。

うつ病と年金制度について

うつ病は病気です。年金は老後にもらえるというイメージがありますので、うつ病になってどうして年金がもらえるのか疑問に思う人もいるでしょう。 ひとくちに年金といっても、いくつかの種類があります。年齢を重ねてから受給できる老齢年金、会社員等が受給できる厚生年金、遺族として受給できる遺族年金などがあります。 そして、もうひとつ。万一、病気やケガがもとで一定の障害状態にある場合には、障害年金を受給できます。うつ病は障害のひとつと認められています。うつ病にかかってしまった場合には、障害年金から保障を受けられる仕組みが整っているのです。

受給要件を知っておく

ここで知っておくべきなのは、障害年金の受給要件です。うつ病になったからといって、誰もが受給できるわけではありません。 障害年金には、国民年金加入者が受給できる障害基礎年金と、会社員などが加入している障害厚生年金があります。ここでは障害厚生年金を例に、どのような場合に受給できるのかを説明していきます。 受給するには、3つの要件をクリアおよび認定を受ける必要があります。 (1)厚生年金に加入している間に、障害の原因となった病気やケガについて初めて医師または歯科医師の診療を受けた日(初診日)がある (2)一定の障害の状態にある (3)保険料納付要件 初診日の前日において、次のいずれかの要件を満たしていることが必要です。 A.初診日のある月の前々月までの公的年金の加入期間の2/3以上の期間について、保険料が納付または免除されている B.初診日において65歳未満であり、初診日のある月の前々月までの1年間に保険料の未納がないこと 会社員などは、給料から天引きされて保険料を支払っていますので、納付要件はクリアできている人がほとんどなのではないでしょうか。 認定要件は、初診日から1年6ヶ月を経過した日(その間に治った場合は治った日)に障害の状態にあるか、または65歳に達する日の前日までの間に障害の状態となった場合と定められています。 つまり、原則、うつ病になってから障害年金受給までには、1年6ヶ月は必要になることがわかります。

【関連記事】