Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

元祖着回しプリンセス! ダイアナ妃の「リサイクル」ルック5選

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

 キャサリン妃は着回しの達人として知られているけれど、 ダイアナ元妃も着回しのプリンセスだったことはご存知?  妃は、洋服に愛着をもって、自分らしくリメイクして着まわし、プリンセスとしてアイコニックな着こなしを披露していた。そこでダイアナ妃のベスト“リサイクル”ルックを振り返ってみよう。 【写真】永遠のファッションアイコン、ダイアナ妃のベストルック

「キャサリン ウォーカー」のペールブルーのドレス

ダイアナ妃は1987年、初めてポルトガルのリスボンを公式訪問した際、「キャサリン ウォーカー」のロングスリーブのドレスを着用。それから2年後の1989年、袖を取り、ハート型のネックラインに作り変えて、チャリティボール(慈善パーティ)で再利用した。

サファイアのブローチ

サファイアは、ダイアナ妃のシグネチャーストーン。左は1982年、ハンプトンコートでオランダのロイヤルファミリーを招いた晩餐会の際に印象的なサファイアのブローチをピンとしてつけた時の写真。右は1986年、ベニスで同じブローチをパールネックレスの間にセットしてつけたダイアナ妃のポートレート。

「モンディ」のポルカドットスカート

左は1986年6月、ウィンザーでのポロの試合で、赤いポルカドットがついた「モンディ」の白のスカートに、お揃いのアンクルソックスを履いたダイアナ妃。右はオーストラリアのメルボルンを訪問した際、同じスカートを着用してファンから花束を受け取った時のもの。

「キャロライン チャールズ」のタータンスーツ

ロイヤルファミリーのメンバーはタータンが好きだが、ダイアナ妃も例外ではない。彼女は「キャロライン チャールズ」のこのタータンがお気に入りだった。1981年にスコットランドでブリーマー・ハイランド・ゲームズの際に着用、その後ネックラインを変えて、1985年に再び着用した。

ピンクのイブニングドレス

ダイアナ妃はこの目立つパステルのイブングドレスを2度着用している。最初は1983年にメルボルンで(左)、その後ペプラムを取り、パフスリーブを短くして1986年にもう一度まとった。

【関連記事】