Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ禍の米国…SFベイエリアにおける「アパートREIT」市況

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
幻冬舎ゴールドオンライン

新型コロナの影響で、さえない状況が継続する株価

コロナ禍の米国…SFベイエリアにおける「アパートREIT」市況

幻冬舎ゴールドオンライン

SF(サンフランシスコ)ベイエリアに、全米の20%強にあたる4.5万戸を所有している、米国アパートREIT主要3社(アバロンベイコミュニティ社・エクイティレジデンシャル社・エセックスプロパティ社)の株価は、本年3月中旬以降、新型コロナの影響によりさえない状況が継続しています。しかし、株式会社エー・ディー・ワークスの小川謙治氏によると、SFベイエリアは「他地域に比較して見ると悪くはない状況が継続」しているのだそうです。本稿では、コロナ禍の米国における「共同住宅マーケット」事情について見ていきます。

本文:2,422文字

写真:2
  • 全米でアパート資産を取り囲む環境が、どんどん悪化していく可能性がある

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込165
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

小川 謙治