Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【クイーンS】すべてがハマったレッドアネモス 上位3頭の明暗を分けた動きとは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SPAIA AI競馬

戦前のデータが示していたもの

クイーンSが夏の札幌に移り、古馬混合戦になった2000年以降、3歳馬は【5-3-4-31】で4歳馬【9-6-5-58】、勝率、連対率、複勝率ともにほぼ互角。20回中14勝をこの二世代が占める。 【クイーンS2020直前予想2】コントラチェック軽視の理由は?ここで買わなきゃいつ買うの!?本命は展開が向きそうなあの馬!(SPAIA編集部編) 今年は主力である3歳馬の出走がゼロ。過去20年で3歳の出走がなかったのは09年のみ、データ上の主力世代を欠く一戦だった。片翼にあたる4歳、それも過去10年で【3-4-3-11】前走ヴィクトリアマイル組の3頭、スカーレットカラー、コントラチェック、ビーチサンバが1、3、4人気と上位を占め、2人気は牝馬限定重賞連勝中のフェアリーポルカ。 結果的に馬券圏内の2、3着はビーチサンバ、スカーレットカラーなので、傾向をそれなりに踏まえた結果ではあった。ただし、前走ヴィクトリアマイル組は前走1秒以上負けていると【0-2-0-8】、過去10年では2着2頭。こちらもデータ通り。勝ったのは11人気の伏兵レッドアネモスだった。

1000m通過58秒2の厳しい流れ

1枠1番のレッドアネモスにとって内枠に逃げ先行馬がそろったのも幸運だった。ナルハヤの藤田菜七子騎手は好発から手綱を押して先手を主張、その挙動をみてある程度行かせて抑えたのがタガノアスワド。この2頭が作ったスペースを利して、1角で余裕をもってインを確保したのがレッドアネモスだった。 隊列は一旦すんなり決まったかに思えたが、1角から2角にかけて外からコントラチェック、モルフェオルフェが突っかけるような形になり、ペースが落ちなかった。前半1000mは12.1-11.2-11.5-11.5-11.9とリズムを整えるところなく、58秒2。コントラチェックは向正面で控えたものの、3番手で前2頭にプレッシャーをかける形はお互いに厳しかった。 中団のやや後ろにいたレッドアネモスにとっては絶好の流れ。フェアリーポルカ、アロハリリー、カリビアンゴールドらが進出するなか、インコースでその身を潜めていたレッドアネモスは目前のアロハリリーが4角でインから動かないとみるや、その外のスペースにきれいに入り、進路を確保。見事な省エネ騎乗だった。

【関連記事】