Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

サイン入り「エアジョーダン1」が約6000万円で落札、スニーカー史上最高額となる

配信

MEN’S CLUB

 かつてNBAで大活躍した「バスケの神様」こと、マイケル・ジョーダン氏。そんな彼が1985年に試合で使用したシューズ「エアジョーダン1」に直筆サインが入ったモデルが2020年5月17日に競売大手サザビーズのオンライン・オークションで、56万ドル(約6009万円)の価格で落札されました。  これまでのスニーカー最高落札額記録は、2019年7月24日にサザビーズにて落札されたナイキ製の「ムーン・シューズ」の43万7500ドル(約4680万円)でした。「ムーン・シューズ」は1972年に登場したモデルで生産された12足のうち唯一の未着用モデルであり、高い人気を誇りました。

 「エアジョーダン」ブランドの誕生35周年となった2020年は、ジョーダン氏と彼のファンにとって特別な年と言えることでしょう。  ジョーダン氏と言えば、先ほども「神様」と述べたように、世界中の多くの人々から高い人気を誇るバスケ界の超レジェンドです。バスケットボールの人気がそれほど高くない日本でも、おそらく多くの方々が彼の名を一度は耳にしてきたことでしょう。  そんなジョーダン氏が使用してきたアイテムには常に高い価値があることで、これまで多くのファンを魅了してきました。もちろん、今回落札されたスニーカーのように直筆サイン入りであれば、今回のオークションの結果のように高値で取引がされるのです。

 今回の落札額に関しては、当初の予想落札価格10万~15万ドル(約1070万~1600万円)を大幅に上回りました。  今回落札された「エアジョーダン1」は、1985年に生産された人気シリーズ「エアジョーダン」の初代モデルです。これまで登場してきたジョーダン氏が着用したシューズのように、足のサイズが左右で分かれています。左足はUSサイズ「13」(31cm)となっており、右足はUSサイズ「13.5」(31.5cm)となっています。

【関連記事】