Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ドリカム・中村正人「Gのレコンギスタ」テーマソング 吉田美和のアプローチに言及「登場人物の感情にすごく似ている」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TOKYO FM+

TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。8月20日(木)のお客様は、「機動戦士ガンダム」の産みの親でもあるアニメーション監督の富野由悠季さんとDREAMS COME TRUEの中村正人さん。お2人は劇場版「Gのレコンギスタ」繋がり。ドリカムが提供したテーマソング「G」について触れていきます。

◆総監督とのお仕事に毎回ヒヤヒヤしている(中村)

――番組内で「G-レコ」テーマソング「G」がオンエア中。 中村:「G-レコ」(「Gのレコンギスタ」)のテーマソング「G」を聴いていただいていますけど、やっぱり吉田(美和)は、この曲を冷静に歌っているというか、英語で“カームダウン”って言うんですけど、あえてそういうふうに歌っている感じが「G-レコ」の登場人物たちの感情にすごく似ているなと思って。 富野:あー! 俺が気に入ったのはそこか!? 中村:「G-レコ」の登場人物って、普段はそんなに燃えていないんです。結構ライトで、軽くて、熱血漢ではない。ただ戦闘やミッションを与えられたら、火の玉のごとく戦って動くわけじゃないですか。それがサウンド的にうまく出せたなって。「G-レコ」の登場人物って、不思議な人たちばかりだなと思っていたら、まさに今の人たちそのものなんですよね。 (今の人たちって)意外と冷静でカームダウンなんですよ。それでいて、いろんな情報を頭に詰め込んでいて、その分析に時間がかかるので、感情的になっている暇がないんです。今の人たちというのは、若い人や我々の世代も含めたいわゆるオンラインの人たちですけど。 富野:中村さんって、本当にそういう解析が上手だね。 中村:上手(笑)? 富野:僕はそういうふうに分析できないから、グダグダしているだけなんだけどね。 中村:監督は才能のあるエリアの人なので、今回、僕は吉田と一緒に(監督を)フォローするというお仕事をさせていただいて、毎回ヒヤヒヤしているわけですよ(笑)。 富野:俺に才能があったら、もう少し楽をしていると思うんだけどなあ(笑)。 中村:(笑)。才能がある人は才能があったで大変でしょうけどね。でも、これはメディアで何回も言っていますけど、素晴らしい主題歌とエンディングテーマを「G-レコ」で積み重ねてきたわけじゃないですか。だからファンの方のなかには聴いて「ん?」って思う方もたくさんいらっしゃるわけですよ。それは重々わかった上で、僕らはあえて胸を張って、劇場用に(想いを)注ぎ込みたいという気持ちで作りましたからね。 富野:それがわかっているから、今3本目をどうするかってところで、かなり難しいんだよね。 中村:それ、聞きたかったんですけど、3本目はどうなっているんですか? 富野:よくわからない。いや、全然よくわからない。 中村:(笑)。全然よくわからない(笑)。 富野:先週3本目と4本目と5本目のBGMの発注を、(音楽プロデューサーの)菅野祐悟さんにして。 中村:お元気でした? 富野:元気なんてもんじゃなくてね、本当にあの人は「米津玄師って、なんだーー!!!」っていう人ですからね。 中村:お、いいですねー。いいですね。 富野:そういう意味ではちょっとびっくりしたの。「30秒聴けばわかるでしょう、あの人は天才ですよ」って(菅野さんは)おっしゃったんです。「あの人とどうこうしようとは思わないから、自分流に仕事をさせてください」って。 中村:それでも「コノヤロー」って思っているのは、時代を区切るユーミンさんもそうだし、(中島)みゆきさんもそうだし、宇多田ヒカルちゃんもそうだし。やっぱり天才たちって、そうやって周りに影響を与えているんですよ。それは今の人に一番ウケているという事象以上に、我々クリエイターや菅野さんのような人にでさえ、インスパイアしていくわけなんですよね。 (TOKYO FM「TOKYO SPEAKEASY」8月20日(木)放送より)

【関連記事】