Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

鬼姫「金与正」の知られざる過去 成績は兄・正恩より優秀、覚醒剤中毒説も

配信

デイリー新潮

 海の向こうの半島が何やらキナ臭い。6月25日は朝鮮戦争開戦から70年という節目にあたるが、北緯38度線で分断された国同士の争いは終わりが見えない。そう実感させられる出来事が起こっているのだ。 【写真】金正恩が「トイレ持参」で排泄物も残さなかった理由  ***

 その最たる事件は、北朝鮮の開城(ケソン)工業団地にあった南北共同連絡事務所の爆破だろう。韓国が総工費17億円をかけて民族融和の象徴としてプレゼントした建物が、北朝鮮によって木っ端みじんに粉砕されたのである。  ソウル駐在記者が言う。 「きっかけは、5月31日に韓国の脱北者団体が『偽善者金正恩(キムジョンウン)!』と書かれたビラを風船につけ、北朝鮮の上空に向けて飛ばしたこと。ビラには金正恩氏(36)の顔写真と共に罵詈雑言が連ねられていた。これに激怒した北は、共同連絡事務所の破壊を予告して、6月16日に爆破してみせたのです」 〈南朝鮮の連中と決別する時が来たようだ〉 〈くずは、ゴミ箱に捨てなければならない〉  こんな形で韓国を罵ったのは、爆破の実行を指揮したとされる金与正(キムヨジョン)女史(32)。最高指導者である金正恩氏の実妹だ。  2年前の平昌五輪で外交の表舞台に立って以来、南北、米朝首脳会談の席に同行する姿は、「ほほえみ外交」として持て囃された。強面の兄とは対照的に韓国国内からも好感を得てきただけに、突如としてヒール役に変貌した理由は奈辺にあるのか。  その謎を解き明かすためにも、改めて彼女の経歴を簡単に振り返っておこう。 「2000年代の初めまで、存在自体ほとんど認知されていませんでした」  と話すのは、元毎日新聞中国総局長で、『「音楽狂」の国―将軍様とそのミュージシャンたち』の著者である西岡省二氏だ。 「公の場に初めて姿を現したのは、9年前に亡くなった父・金正日(キムジョンイル)氏の葬儀でした。彼女は金正日氏と高英姫(コヨンヒ)夫人との間にできた一人娘。家族で食事する時は必ず父が左隣に座らせるほど溺愛され、幼い頃から周囲に『コンジュニム(お姫様)』と呼ばれて育ったそうです」  半島情勢に詳しい龍谷大学社会学部の李相哲教授は、 「ロシアの極東連邦管区大統領全権代表だったコンスタンチン・プリコフスキー氏は、回顧録の中で正日氏が“(三男の)正恩と与正は政治に関心がある。一方で(長男の)正男(ジョンナム)と(次男の)正哲(ジョンチョル)はビジネスに興味がある。できれば、正恩と与正を後継者にしたい”と語った旨を書いています」  父親から一目置かれていたこともあり、後継候補の正恩氏と共に海外で英才教育を受けていたそうだ。

【この記事にも注目】

【関連記事】