Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

性能で“Pro上回る”? 第4世代「iPad Air」発表、6万2800円で10月発売 ── 指紋センサーも採用

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

アップルは9月16日、新型タブレット「iPad Air(第4世代)」と「iPad(第8世代)」を発表した。日本での発売日はiPad Airが10月、iPadが9月18日。価格は以下のとおり(いずれも税抜)。 【全画像をみる】性能で“Pro上回る”? 第4世代「iPad Air」発表、6万2800円で10月発売 ── 指紋センサーも採用 iPad Air(第4世代)64GB・Wi-Fiモデル……6万2800円 iPad Air(第4世代)64GB・Wi-Fi+Cellularモデル……7万7800円 iPad Air(第4世代)256GB・Wi-Fiモデル……7万9800円 iPad Air(第4世代)256GB・Wi-Fi+Cellularモデル……9万4800円 iPad(第8世代)32GB・Wi-Fiモデル……3万4800円 iPad(第8世代)32GB・Wi-Fi+Cellularモデル……4万9800円 iPad(第8世代)128GB・Wi-Fiモデル……4万4800円 iPad(第8世代)128GB・Wi-Fi+Cellularモデル……5万9800円

新型iPhoneより先に“最新の心臓部「A14」”を搭載

iPadの発表で最大の注目ポイントは、iPad Airに搭載されたチップセットだろう。 iPad Air(第4世代)は5nmのプロセスルールを採用した「A14 Bionic」を搭載。これはアップルの半導体の中でも最新のものだ。現行機種のiPhone 11 Proなどよりも新しい世代ということになる。 アップルは、いままで新型iPhoneで新チップセットを発表、その後に同様もしくはその強化版をiPadに搭載してきた。その順序を逆転させたiPad AirのA14 Bionic搭載は、従来になかった展開といえる。 A14 Bionic搭載により第4世代Airは、第3世代Airに比べてCPU処理は40%高速化、グラフィック性能は30%、グラフィックの処理速度は2倍に向上している。 その他の機能については、基本的に2018年11月発売の「11インチiPad Pro(第1世代)」を踏襲している。 特筆すべき点としては、iPad Proでは生体認証にFace ID(顔認証)を採用しているが、今回の第4世代AirについてはTouch ID(指紋認証)を採用。センサーは上側面にある電源ボタンに内蔵されている。 アップルが新型コロナ対応をどこまで意識したのかは未知数だが、Face IDはマスク装着時には機能しないため、Touch IDを歓迎する人は少なくないだろう。 Touch ID採用に伴い、正面カメラにも差分が生まれている。iPad Proは複数のセンサーを搭載し顔の形状を検出できるTrueDepthカメラを搭載するが、第4世代Airでは単なるFaceTime HDカメラとなっている。 iPad Air(第4世代)の主なスペック(括弧内は11インチiPad Pro第1世代のもの) 大きさ(幅×高さ×厚み):178.5×247.6×6.1mm(178.5×247.6×5.9mm) 重量(Wi-Fi/Cellular+Wi-Fi):458g/460g(468g/468g) ディスプレイ:10.9インチ2360×1640ドット(11インチ2360×1640ドット) 画面輝度:最大500ニト(最大600ニト) ProMotionテクノロジー(120Hz描画):非対応(対応) チップセット:A14 Bionic(A12X Bionic) Apple Pencil:第2世代(同様) 背面カメラ:1200万画素・F値1.8(同様) 正面カメラ:700万画素のFaceTime HDカメラ(700万画素のTrueDepthカメラ) スピーカー:2つ(4つ) Wi-Fi:IEEE 802.11a/b/g/n/​​ac/ax(IEEE 802.11a/b/g/n/​​ac) SIM(Cellular版のみ):ナノSIM+eSIM(同様) コネクター:USB Type-C+Smart Connector(同様) 生体認証:Touch ID(Face ID)

【関連記事】