Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

思わず童心に返る、パーツを積んで好きなモスバーガーを作ってみた

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Lmaga.jp

全国に店舗を展開するハンバーガー店「モスバーガー」(本社:東京都品川区)がグミになった「つむモスグミ」が8月8日より全国のセブンイレブンで発売。すでに子どもだけじゃなく大人にも話題になっている本商品を、早速購入した。 【写真】肉10枚バーガーや4倍バーガーも作ることができる 同商品は菓子メーカー「UHA味覚糖」(本社:大阪市中央区)との初コラボ商品。『つむグミ』という、グミを積んで遊んで楽しく味わえる商品が「モスバーガー」仕様となり、自由な組み合わせで好みのバーガーが作れるというものだ。 袋を持つとずっしりとした重量感で、なかにはバンズ、パティ、トマト、レタスの4種のグミ。バンズは上下で分かれており、パティには焼き目のあと。トマトとレタスもひと目で分かるよう、葉の模様などが忠実に再現されている。 今回は定番の「モスバーガー」に加え、バンズがレタスになった同店ならではのメニュー「菜摘」も作ってみた。さらに、パティが10枚重なったボリューム大な贅沢バーガーを作れるのも本商品ならではの楽しさだ。高く積めば積むほど安定感との戦いになり、いかに上手く積むかがカギとなる。 ネットでは「肉肉肉肉のバーガー作ってみた」「家族大集合してモスグミ作った」「中身かなり入ってるから長ーく積めそう!」と子どもはもちろん、大人も童心に返り楽しむ様子が多く見られた。 味はハンバーガー味ではなく、それぞれオレンジ、コーラ、ストロベリー、マスカットと積んだまま食べておいしいフレーバーとなっている。8月20日からは全国のモスバーガー店舗でも販売(セブンイレブンともに一部店舗は除く)。 価格は384円(税抜)、パッケージは2種類でいずれも中身は同じだという。

【関連記事】