Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『朝鮮半島と日本の未来』姜尚中氏インタビュー。残された最後の分断国家、韓国と北朝鮮の統一への道筋とは

配信

週プレNEWS

政治学者・姜尚中(カン・サンジュン)氏にとって、自らが生まれた年に勃発した朝鮮戦争の終結と、南北の歴史的和解を見届けることは「人生最大の悲願」であった。日本と朝鮮半島の友好的な共存の道についても、長きにわたり模索を続けてきた。 そうした、姜尚中氏の人生において最も重要なテーマを真正面から扱った力作が、最新著の『朝鮮半島と日本の未来』だ。「戦後最悪」の状態に陥った日韓関係を解きほぐす道はあるのか。また韓朝関係も近年にないほどに緊張が高まるなか、先行きの見えない北朝鮮の動向は今後どのように変化していくのか。そして日本が果たすべき役割とは何か。 来る6月25日に朝鮮戦争勃発70年を迎えるいま、姜氏に刊行に際しての思いと、これからの展望について伺った。 ***   ――今年は朝鮮戦争の勃発から70年、そして姜さんも70歳を迎えられます。どのような思いから今回の本を書こうと思われたのでしょうか。 姜 朝鮮戦争が起きてから70年、冷戦体制が崩壊してからもかれこれ30年が過ぎているわけですね。それだけの時間が経過しているにもかかわらず、依然として朝鮮半島は分断されたままです。その原因はどこにあるのかを考えていかなければいけないという問題意識がまずありました。 その時に何よりも必要なのは、東西冷戦の最前線に立たされた朝鮮半島が、分断されてから今日に至るまでどのような経緯をたどってきたのかを事実に即して見ていくことです。 そこで、今回の本では金日成が亡くなった1994年を起点に、国家崩壊の危機にさらされながらも北朝鮮が核開発を進めてきたこれまでの道のりを見直すことから始まり、この30年近くの朝鮮半島を含む北東アジア情勢の動きを追いながら、分断と対立を乗り越える道を探っていきました。 ――日本と韓国・北朝鮮とのあいだには難問が山積していますが、なかなか解決の糸口が見出せていません。これを打開していくにはどのような道筋があるのでしょうか。 姜 いまは中断されていますが、やはり(南北米中露日による、北朝鮮の核問題を解決するための)六者協議の枠組みは活かすべきだと思っています。この六者協議において、これまで日本の役割はいまひとつ不鮮明でしたが、今後の北東アジアの安全保障を考えた場合、その役割は極めて重要になってくると思います。 たとえば、日本が議長国になって、協議を北京だけではなく、東京でも開くようにする。そうすれば、日朝の直接交渉を行うチャンスもできるだろうし、中国の覇権的な拡大を多国間の安全保障の枠組みの中に封じ込めることができ、同時に米中の対立を牽制できる。 そういう枠組みをつくることで、日本の安全保障を日米安保だけに委ねる「一本足打法」から、北東アジアの多国間の枠組みにも軸足を置く「二本足打法」へ移行していくことができるはずです。 ――そうした未来をつくっていくためには、日本も韓国もお互いけなし合っている場合ではないと? 姜 本当にその通りです。以前、アメリカは北朝鮮の寧辺(ヨンビョン)核施設を爆破するというシミュレーションを行ったことがあります。それによると、アメリカの爆撃が成功したとしても、北朝鮮の報復によってアメリカ及び周辺の韓国・日本などの死者は100万人以上、損害総額は1兆ドルにのぼると想定されています。つまり、もし米朝間で戦争が起きれば、日本も韓国もただでは済まない。 そういう最悪のシナリオを考えてみても、日韓がなぜここまでやり合わなければいけないのかがどうしても理解できない。この現状を変えることで、経済的にも双方の利益につながるような道を模索していくべきだと思います。

【関連記事】