Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

世界中でつけられたキズもよき思い出に。旅を記憶するスーツケース「リモア」の話。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FUNQ

所有したその日からはじまる自分だけのストーリー。旅の記録を刻むキズが備わることで100%の表情が生まれる、名門リモワのスーツケースにはそんな魅力が宿る。王道のアルミニウム製スーツケースの話題から、その味わい深い経年変化について触れてみたい。

忘れたくない旅の記憶をリモワに刻む。

旅行者、航空機の搭乗員、映画関係者や写真家、あるいは今どきのノマドワーカーにいたるまで、世界中で幅広い層から愛され続けているリモワのスーツケースが誕生したのは、今から116年前の1898年にまで遡る。 今では考えにくいことかもしれないが、はじめてケルンの工場で製作されたスーツケース第1号は木製だったという。その後、リモワの製品は、上流階級の間で認知され、旅行グッズとしての地位を確立していく。 今日、我々がイメージするリモワのプロダクトの原型だと呼ばれているのが、1937年に開発された画期的なアルミニウム製のトランクである。これは創業者の息子にあたるリヒャルト・モルシェックが提案したもので、洗練された旅行者たちの間で脚光を浴びることになった。 その後続モデルとして1950年に登場したアルミニウムのスーツケース「トパーズ」は、圧倒的な軽さと洗練されたデザインによって世界中のジェットセッターから熱狂的な支持を集め、瞬く間に世の中へと広まったことは周知の事実である。 それから80年の月日が流れた現在、「トパーズ」はリモワを象徴するプロダクトとして成長を遂げ、今では数多くのファミリーを展開するにまでいたっている。ケルンの工場から旅立ったスーツケースはご多分に漏れず、旅の記録を記すステッカーやキズをひとつずつ刻みながらオーナーに寄り添うことで、旅のみならず、人生のパートナーになってくれるはずだ。

エイジングを極めた最高のサンプルがここに!

リモワが所有するヴィンテージのアルミニウム製スーツケース。年式は不明。

トランクの全体に散りばめられた圧倒的なまでのステッカーのカスタマイズは、以前のオーナーによるもの。

【関連記事】

最終更新:
FUNQ