Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

石原さとみ結婚は“強行突破”?揺れるホリプロと深田恭子&綾瀬はるかの複雑な心情

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

「老舗芸能プロダクション、ホリプロの上層部は戦々恐々としています。結婚ラッシュは時間の問題といわれているからです」(芸能関係者)  今月1日、女優の石原さとみ(33)が突如、結婚を発表。世の男性なら誰もが嫉妬するお相手の男性は一般のサラリーマン。しかし男性は外資証券会社ゴールドマン・サックスに勤めるエリートで、年収は3000万円近くあると報じられた。石原がこの男性に出会ったのは、中学高校の友人夫妻の紹介がきっかけだったという。 「石原は芸能界では知る人ぞ知る創価学会の熱心な信者です。翌日の2日は創価学会にとっては特別な日となる『世界平和の日』。しかも在京キー局の関係者は芸能デスクではなく永田町の公明党関係者筋から石原の結婚情報を掴んでいるんです」(キー局関係者)  石原の電撃結婚情報に驚かされた関係者は多いが、その一方で不穏な情報も飛び交っているという。 「結婚の序列を守らなかったことです。関係者の間では“2人の姉”をさしおいての報告だったことに業界関係者が皆、驚いているわけです」(事情通)  芸能界では石原と同じ事務所に所属する深田恭子(37)、綾瀬はるか(35)、そして石原の「3姉妹」はホリプロを代表する看板女優。さらに今回の石原の結婚発表は、事務所には事後報告だったという話まで飛び交っているのだ。 「事務所に反対されることを予期して、すべてのお膳立てが揃ってから報告したようです。事務所としては、もはやなす術がなかったとか。現にホリプロトップの所属タレントである和田アキ子は石原の結婚に対しノーコメントを貫いている。正面突破の可能性が高い」(芸能プロ関係者)

個人事務所設立で独立の噂も

 もう一つ、ホリプロ関係者をザワつかせているのが今回の結婚に合わせ、石原が密かに個人事務所を立ち上げたこと。 「結婚を機にいずれは独立を考えていると囁かれているんです。学会の後ろ盾があれば何不自由なく芸能活動ができますからね」(前出の芸能プロ関係者)  不安要素はまだある。今回の電撃婚、ことは石原個人の問題では収まりそうにもない気配なのだという。 「“姉2人”が結婚したいと主張しているという話があるんです。事実、深田は不動産会社“シーラホールディングス”会長のS氏と入籍秒読み状態。また、綾瀬も一度破局した韓流タレントのノ・ミヌ(34)とヨリを戻したという話が浮上している。2人とも石原の結婚を認めたのだから私たちも認めろというわけです」(前出のキー局関係者)  石原の結婚を機にザワつくホリプロ周辺。深田&綾瀬の動向に注目だ。

【関連記事】