Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<第41回ABCお笑いグランプリ>決勝12組のブロック分け発表!ダイアン・ユースケ、かまいたち・山内が審査員に初就任

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

7月12日(日)昼2時25分から3時間にわたってABCテレビ(関西ローカル)とABEMA SPECIALチャンネルで生放送される「第41回ABCお笑いグランプリ」。審査員7名と決勝12組のブロック分けが発表された。 【写真を見る】“カンテレ野球中継LIVE応援団”となったダイアン 審査員は、初となるユースケ(ダイアン)、山内健司(かまいたち)をはじめ、小沢一敬(スピードワゴン)、柴田英嗣(アンタッチャブル)、陣内智則、兵動大樹(矢野・兵動)、リンゴ(ハイヒール)の7名が務める。決勝のメイン司会は南海キャンディーズの山里亮太。 また、生放送当日のゲスト漫才も決定。ミルクボーイ(第32回ABCお笑い新人グランプリ決勝進出/M-1グランプリ2019王者)、霜降り明星(第38回ABCお笑いグランプリ優勝/M-1グランプリ2018王者)、エンペラー(第40回ABCお笑いグランプリ優勝)が熱い戦いの前に華を添える。 ■ 運命を決める!決勝12組のブロック分け※ネタ順 Aブロック=世間知らズ、チェリー大作戦、からし蓮根、オズワルド Bブロック=ベルサイユ、カベポスター、コウテイ、そいつどいつ Cブロック=フタリシズカ、滝音、ビスケットブラザーズ、さや香 当日、真剣勝負を繰り広げる決勝12組の様子などを伝えるリポーターは濱家隆一(かまいたち)が務める。 ■ 大会ルール 決勝は、ファーストステージとファイナルステージの2ネタ方式を採用。ファーストステージでは、12組が3つのブロックに分かれて4分のネタを披露。その結果、各ブロックから1組のみがファイナルステージへと進出。 勝ち上がった3組は、ファイナルステージで先ほどとは違う4分のネタを披露し、グランプリ奪取を目指し熾烈なバトルを繰り広げる。(ザテレビジョン)

【関連記事】