Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

無印良品の「ワイヤーバスケット」で“隠さずキレイ”な整理整頓を実現

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
&GP

「生活感を隠す」収納アイテムやアイデアは数多く、以前挑戦してみたのですが、あえなく失敗。どこに何があるか分かりづらくなってしまう点と、カッチリしすぎて圧迫感を感じてしまう点が苦手でした。 【「ワイヤーバスケット」収納例】 そこで取り入れたのが、無印良品の「18-1ステンレスワイヤーバスケット」シリーズ。その名の通りステンレスのワイヤーで組み上げられたバスケットで、通気性がよく汚れに強いのが特徴です。バリエーションも豊富なため、収納するものに合わせて大きさや形を選べます。 使ってみてわかった「18-1ステンレスワイヤーバスケット」シリーズの魅力をご紹介しましょう。

魅力1…中身が見えて取り出しやすい

特徴はなんといっても、当たり前ですが中身が見える点。最近の収納アイテムは生活感を隠すために中身が見えなくなっているものが多いですが、それゆえ「何がどれくらい入っているか分かりづらい」というのが欠点でした。それに比べ「ステンレスワイヤーバスケット」は、スッキリした収納を可能にしつつ、中身がしっかり見えるため、食料品等のストックの管理に最適。 日頃愛用している「18-1ステンレスワイヤーバスケット 1」(1690円)は、シリーズのなかでも一番小さなタイプ。コーヒーや砂糖、紅茶類、飲料水のストックなど、消費の激しいものを収納するのに便利です。「生活感を隠す」収納とは違い、ひと目で残量がわかるため、買い忘れもなくなりました。 細々としたものに加え、A4サイズの雑誌やファイルなどもきれいに収納できます。そこまで高さがないので、必要なときにサッと取り出せるのがうれしいポイント。両サイドに付いた取っ手のおかげで、持ち運びも簡単です。仕事で参考にする資料や、本棚に入り切らない本を収納するのに使っています。

魅力2…丈夫で清潔感を保った収納が可能

ワイヤーという素材の性質上、バスケットのなかにホコリが溜まりにくいのも特徴です。そのため、キッチン用品を収納して棚の高い位置に置いても大丈夫。上からのホコリを防ぎたい場合は、布を被せましょう。大きなサイズの「18-1ステンレスワイヤーバスケット 4」(2590円)は、食器類や調理器具をまとめて収納するのにぴったり。ステンレスで錆にも強いので、皿などが多少濡れたままでも安心です。アクリルスタンド等の仕切りと組み合わせると、食器を出し入れするときにガチャガチャしません。 プラスチックの素材と比べ、多少の熱には耐えられるので、粗熱を取ったドライヤーや衣類用アイロンなどを片付けることも可能です。サイズによってはバスケット同士を重ねても使えます。例えば「18-1ステンレスワイヤーバスケット 4」は、平べったいタイプの「18-1ステンレスワイヤーバスケット 2」(1990円)と合わせて使うと収納の幅が広がります。ただし、その場合は下の段にものを重ねすぎると安定感がなくなるので注意しましょう。

【関連記事】

最終更新:
&GP