Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

レッドブル・ホンダ地元3連勝へ。 フェルスタッペン「僕らはいいところにいる」

配信

webスポルティーバ

レッドブル・リンクにF1サーカスが戻って来た。  見慣れた豪華なモーターホームはなく、誰もがマスクをして周りとの距離を置いている。パドックには人が少なく、観客スタンドには大きな横断幕が被せられて装飾されている。 【写真】名カメラマンが厳選。美しき世界のF1グリッドガールたち  それでも木曜にはドライバーたちもサーキット入りして、オンラインサービスを使用したメディア対応が始まり、ようやくF1マシンのコクピットに戻ってレースができる、という喜びと安堵の表情が溢れた。  レッドブルの両ドライバーは、数百万円をかけて自宅に用意した本格シミュレーターも楽しかったのは最初だけで、やはり前後左右Gがアドレナリンを溢れさせる本物のF1マシンが恋しくて仕方がなかったと明かした。  6月25日にシルバーストンでアップデートを投入したRB16を100kmだけ走らせたアレクサンダー・アルボンはこう語る。 「正直言って、今回の走行はあくまでシェイクダウンでしかなかったし、僕としてはマシンのスピードにまた慣れるということ以外、何ものでもなかった。でも、フィーリングはよかったよ。前回走った時と同じようなフィーリングだった。

ただ、現時点ではまだ開幕前テストで走っただけで、テストでは自分たちがどのあたりにいるかは分からないし、そこにさらに4カ月間のオフが追加されているからね。誰がどう進化してくるかはわからない。大切なのは、自分たちのことに集中して進んで行くことだ」  マックス・フェルスタッペンは、2週間の自己隔離生活を強いられるイギリス渡航はせず、その時間をモナコの自宅でトレーニングに充てた。  チームの地元レッドブルリンクでは過去2年で2連勝中のフェルスタッペンだけに、今年もまた好レースが期待される。しかし、フェルスタッペン自身はそう甘くは考えていない。 「毎年それぞれが別のレースだし、今年もそうなるという保証なんてどこにもない。過去2年間のここでのレースはすばらしい内容だったけど、『OK、何年かここではいいレースができたから今年もいいぞ』なんて思ったりはしないよ」  マシンのパフォーマンスについては、慎重な見方をしながらも、自分たちの仕上がりがいいことも認めている。

【関連記事】