Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

飼い猫を撫でようとしたら猫の中に手が! 毎朝見たものを絵にして記録

配信

なかまぁる

昨年、レビー小体型認知症と診断された三橋昭さん。「幻視は恐ろしいもの」という認識が多いなかで、ご自身で見たものを初期から記録していたそうです。認知症の症状にどのように気づき、それからどのようにつき合っているのでしょうか。また、今年7月に発売予定の幻視絵日記をまとめた書籍についても、オンラインでお伺いしました。

三橋昭さん(71)に初めて「幻視」の症状が現れたのは、2018年11月末のこと。朝、起きると飼っている猫が三橋さんのもとにやってきた。いつものように撫でよう--。そう思って手を伸ばすと、見えていたはずの猫のなかにすっと手が入ってしまった。次に同じような経験をしたのは、それから約1ヶ月後のことだ。 「毎回2、3秒と、とても短い時間なんですけれどね。私の場合は朝の目覚めのときに、天井や壁に絵が見える。そのほとんどが線画です」 最初は家族にも言えなかった。けれど、二度目の幻視の症状が現れたとき、「これは一度専門家に診てもらわないと」と、クリニックに足を運ぶことを決めた。検査に付き添うと言ってくれた妻には、すべてを話したという。19年3月に検査入院した結果、「レビー小体型認知症」と診断された。 「もし認知症が進行していったら、自分のことがわからなくなっていく可能性がある。せっかく幻視が見えるのだから、記録に残したほうがいいかな」 そんな気持ちで、目に見えたものを最初は文章で書き留めていった。バラの花が見える時もあれば、極楽鳥のような鳥が見えることも、キース・ヘリングの絵のように目鼻のない人が目に映ることもある。基本的には線画だが、色のついた立体的な絵が見える日もある。気づけば毎日のように幻視症状が現れるようになっていた。次第に、絵として残しておいた方が伝わりやすいのではないか、と線画で再現するようになった。 「バラの花が見えたのは、ちょうどバラが綺麗に咲く時期だったからなのかもしれません。昔住んでいた場所の街並みが見えることもあれば、まったく知らない街が目に映ることもあります。レビー小体型認知症の方のなかには、怖い画像を見ることが多いとおっしゃる方もいるようですが、私の場合は不安を感じるような絵を見ることは少ない。主治医の先生にも『今日は見えなくて残念ですね』なんて言われたこともあるくらいです(笑)」

【関連記事】