Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

浅利陽介、『アンサング・シンデレラ』第3話にゲスト出演 石原さとみと8年ぶりの再共演

配信

リアルサウンド

 浅利陽介が、石原さとみ主演ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)の第3話にゲスト出演することが発表された。 【写真】『コード・ブルー』に出演した浅利陽介  本作は、『月刊コミックゼノン』(コアミックス)で連載中の荒井ママレによる『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』を原作とした、病院薬剤師たちの知られざる舞台裏を描くヒューマンドラマ。“アンサング”は「褒められない」という意味で、医師のように頼られず、看護師のように親しまれなくても、“縁の下の力持ち(=アンサングヒーロー)”として患者のために奮闘する病院薬剤師たちの奮闘を描く。主演の石原のほか、西野七瀬、成田凌、桜井ユキ、井之脇海、さらには、真矢ミキ、田中圭が出演する。  7月30日放送の第3話にゲスト出演する浅利が演じるのは、生徒思いで心優しい、萬津小学校の先生・新田奏佑。慢性糸球体腎炎の持病がある新田は、校庭を走っている途中に倒れ、萬津総合病院の救急に搬送される。病院で意識を取り戻した新田は、処置中にもかかわらず、慌てた様子で帰ろうとする。倒れた原因も判明しないまま帰すわけにはいかないと、みどり(石原さとみ)が新田に入院するよう伝え、取り乱す新田をなんとか説得。みどりが新田に現在服用している薬について聞くと、大量の薬を服用していたことが判明する。さらに新田に薬を渡している薬局「ナカノドラッグ」が、食前に服用する薬を食後のものとまとめていたり、本来やってはいけないような服薬をさせていることが判明。みどりはその仕事の粗末さに怒り、ナカノドラッグに電話で問い合わせると、無気力そうな男性に適当にあしらわれ、電話を切られてしまう。  浅利と主演の石原の共演は、フジテレビ月9ドラマ『リッチマン、プアウーマン』(2012年)以来、約8年ぶり。浅利は共演について「さとみちゃんと一緒に仕事が出来るのを楽しみにしていました!」と共演の喜びを語った。 ■コメント ・浅利陽介 【台本を読んだ感想】 1日3回飲む薬を“寝坊したから今日は2回でいいや”って言うのは止めようと思いました。“お薬”は医療と患者を結ぶものなのだと、再確認しました。 【演じる役柄について】 新田奏佑の“転機”を全力で演じさせていただきました。 【およそ8年ぶりの石原さとみとの共演について】 さとみちゃんと一緒に仕事が出来るのを楽しみにしていました! とっても居心地が良かったです。僕が自分のせりふを間違っても止めずに強引に(撮影を)進めたことがあるですが、そこにもしっかり付き合ってくれて感謝です!! 【『コード・ブルー』以来の医療ドラマ出演】 ストレッチャーに乗せられて“1、2、3”の掛け声を聞いたとき、“新鮮だなぁ~”と思いました。今回は患者なのでね…(笑)。撮影現場には『コード・ブルー』のスタッフさん達もいたので、とても楽しいひと時を過ごせました。 【視聴者の方へのメッセージ】 病気やけがは体だけでなく、気も病ませてしまいます。そういう経験は僕にもありますが、その時出会った人、時間は思い出として僕の生きる力になっています。新田先生にこの思いを吹き込みましたので、ご覧いただければ幸いです。 ・プロデュース・野田悠介(フジテレビ第一制作室) 病を患って以来、自分が追い求めていた理想の教師からどんどん遠ざかっている新田。彼は理想と現実の間で葛藤しながらも、それでも理想を追い求めていく。生徒の前で見せるチャーミングさと生徒のために努力する人間臭い部分を浅利陽介さんがすてきに演じて頂きました。浅利さん演じる新田の“生徒への思い”に是非ご注目ください!

リアルサウンド編集部

【関連記事】