Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

転職で後悔している場合の解決法は?転職で後悔しない方法も紹介

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファイナンシャルフィールド

転職した人が全て満足しているわけではありません。残念ながら少なからず転職を後悔する人がいます。そこでこの記事では、転職後に後悔している場合の対処法を紹介します。また現在転職を考えている人に転職で後悔しないための方法もお伝えします。

転職して後悔する理由

仕事内容が希望と違う 転職して後悔する理由の1つは「仕事内容が希望と違う」ことです。企業が取り組んでいる事業から想像していた仕事内容と違っていることがあります。 例えば、インターネットを使ったクリエイティブな仕事ができると思って転職したものの、実際は簡単な事務職だったということもあります。あるいは製品開発を希望して転職したのに、実際に入社すると営業に回されてしまうこともあるでしょう。 このように自分の希望と違う仕事を行うことは後悔につながります。  待遇が希望と違う 「待遇が希望と違うこと」も後悔する理由のひとつです。給与や役職が募集要項に書かれている内容や転職面接で話されていた内容と違うことがあるでしょう。 例えば、それまで年収400万円の人が、年収600万円以上可能という条件で転職することがあります。しかし入社してみると、実際にはインセンティブを含んだ年収で、結果的には前職の年収に満たなかったときに後悔してしまいます。 あるいは将来の幹部候補として部長待遇で言われて転職したものの、実際には平社員扱いで思っていたこととは違っていて後悔してしまうこともあるでしょう。 職場環境が合わない 「職場環境が合わない」ことで後悔してしまうこともあります。年収は上がった、仕事内容も好き、しかし職場の人間関係が難しくて転職したことを後悔する人がいるのです。

転職で後悔している場合の解決策

自分の希望を伝える 転職後に後悔している場合の対処法としては、自分の希望を改めて転職した企業に伝えてみることです。 企業に自分の希望を伝えて仕事内容の変更や待遇の改善、職場環境の改善を訴えるのです。すぐに改善が図られることもあります。 何もせずに後悔するのではなく、自分で「開発を希望して入社した」「〇〇さんのパワハラを辞めさせてほしい」など伝えられることを伝えていきましょう。 さらに転職するのもあり 転職後の後悔を長引かせないためには、さらに転職することも解決策の一つです。 例えば、仕事内容が自分の強みや特性と合わない場合、長く働き続けるのは苦痛でしかありません。内向的でコミュニケーション能力が低いことを自覚しているのに、企業の事情で営業に回されてしまった場合などは転職した方が良いでしょう。 待遇が希望と違いすぎる場合も転職する方が良いです。給与の上がる転職もたくさんあります。後悔して悩む可能性があれば再び転職するのもありでしょう。 また職場環境、特に人間関係が難しい場合は転職することが必要な場合が多いです。企業の一人が問題の場合は、どうにかとどまって対処できるかもしれません。しかし企業によってはパワハラ体質の企業もまだ存在しています。後悔しているなら転職をおすすめします。

【関連記事】