Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

中国、民主派摘発を継続する構え 香港紙創業者は「売国奴」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
共同通信

 【北京共同】中国共産党系の新聞は12日、香港国家安全維持法(国安法)違反容疑で逮捕された香港紙の創業者で民主派の大物、黎智英氏を、米国と結託した売国奴だと非難した。同様に逮捕された民主活動家、周庭氏についても「香港独立分子」だと批判した。習近平指導部は国安法制定は香港の安定を確保するための「思いやり」の表れだと主張。香港警察は今後も民主派の摘発を徹底する構えだ。  中国外務省の趙立堅副報道局長は12日の記者会見で「香港に関わることは完全に内政であり、いかなる外国政府や組織、個人の干渉も容認しない」と改めて強調した。

【関連記事】