Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

三浦春馬さん事務所「留学中止し帰国指示」報道を否定…「根拠のない誹謗中傷」控えて、と願い

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 俳優・三浦春馬さん(享年30)が亡くなって四十九日を迎えた4日、所属事務所のアミューズが公式ホームページで、「(警察による)検視の結果から死因は自死であるとの報告を受けました」などと、死因について公表した。7月18日に担当マネジャーが三浦さんを発見した経緯についても初めて明らかにされた。 【写真】事務所から発表された「三浦春馬に関するお知らせ」  亡くなった当日は午後から「仕事」(ドラマのロケ)だったため、マネジャーが自宅に迎えにいったが、メールにも電話にも返事がなく、不審に思い、管理会社に連絡して自宅に入ったが、「すでに意識のない状態でした」と説明。応急手当をするとともに、すぐに警察と救急に連絡を入れ、病院に搬送されたが「懸命な救命処置も及ばず、14時10分に永眠しました」と公表した。  公式HPでは【当日の経緯について】【遺書の存在について】【仕事の進め方について】【三浦春馬の作品について】【お別れの会について】【誹謗中傷に関する改めてのお願い】の6項目について説明した。  【仕事の進め方について】では、「仕事の進め方に関しては、出演のオファーをいただいた時点で、スケジュール、作品の持つ意味合い、そして本人の思いなども含めて、その都度、本人と担当マネジャーとの間で丁寧に話し合いながら進めて参りました」と説明。  「なお、一部報道に『留学を中止して帰国するようマネジャーが指示した』といった内容の記事がございましたが、そのような事実はございません」と、イギリスに留学したことに関する一部報道内容を否定した。  また、【誹謗中傷に関する改めてのお願い】として、「ご心痛の中にいらっしゃるご遺族や友人のプライベートを詮索するような記事の掲載、そのための過剰な取材行為、弊社所属アーティスト及びマネジャー等に対するネット上での根拠のない誹謗中傷に関しまして改めてお控えいただけますようお願い申し上げます」と呼びかけている。

【関連記事】