Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

全豪女王ケニンがフルセット勝利で初戦をクリア [テニス]

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
テニスマガジンONLINE

 今年最後のグランドスラム「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦9月27日~10月11日/クレーコート)の女子シングルス1回戦で、第4シードのソフィア・ケニン(アメリカ)がリュドミラ・サムソノワ(ロシア)を6-4 3-6 6-3で振りきり、初戦を突破した。試合時間は1時間58分。 フレンチ・オープン2020|トーナメント表  ロラン・ギャロスに3年連続出場となるとなる21歳のケニンは、昨年のベスト16がこれまでの最高成績。3回戦でセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)を6-2 7-5で倒したあと、4回戦でアシュリー・バーティ(オーストラリア)に3-6 6-3 0-6で敗れていた。  今季シーズンのケニンは2月にオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)でグランドスラム初優勝を果たし、3月にはリヨン(WTAインターナショナル/室内ハードコート)で2つ目のタイトルを獲得した。  ケニンは次のラウンドで、ティメア・バボス(ハンガリー)を6-4 6-2で破って勝ち上がったアナ・ボグダン(ルーマニア)と対戦する。  そのほかの試合では、第8シードのアーニャ・サバレンカ(ベラルーシ)、第13シードのペトラ・マルティッチ(クロアチア)、第29シードのスローン・スティーブンス(アメリカ)、第30シードのオンス・ジャバー(チュニジア)、ユリア・ゲルゲス(ドイツ)、ベロニカ・クデルメトワ(ロシア)、フィオナ・フェロ(フランス)、ダリア・カサキナ(ロシア)、パウラ・バドーサ(スペイン)が2回戦に駒を進めた。  第19シードのアリソン・リスク(アメリカ)はゲルゲスに3-6 7-6(4) 1-6で敗れ、初戦でシードダウンを喫した。(テニスマガジン) ※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠) ■女子シングルス1回戦|主な試合結果 ○65アーニャ・サバレンカ(ベラルーシ)[8] 6-3 6-1 ●66ジェシカ・ペグラ(アメリカ) ○67ダリア・カサキナ(ロシア)6-2 6-1 ●68アルモニー・タン(フランス)[WC] ○72オンス・ジャバー(チュニジア)[30] 4-6 6-3 6-1 ●71ザリナ・ディアス(カザフスタン) ○83フィオナ・フェロ(フランス)7-6(4) 6-4 ●84ヘザー・ワトソン(イギリス) ○96ソフィア・ケニン(アメリカ)[4] 6-4 3-6 6-3 ●95リュドミラ・サムソノワ(ロシア) ------ ○113ペトラ・マルティッチ(クロアチア)[13] 7-6(2) 7-5 ●114土居美咲(日本/ミキハウス) ○116ベロニカ・クデルメトワ(ロシア)6-2 6-3 ●115ポリーヌ・パルモンティエ(フランス)[WC] ○119ユリア・ゲルゲス(ドイツ)6-3 6-7(4) 6-1 ●120アリソン・リスク(アメリカ)[19] ○121スローン・スティーブンス(アメリカ)[29] 6-2 6-2 ●122ビタリア・ディアチェンコ(ロシア) ○124パウラ・バドーサ(スペイン)6-2 4-6 6-3 ●123カテリーナ・コズロワ(ウクライナ)

【関連記事】