Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

二宮和也主演「浅田家!」自伝エッセイで腑に落ちた “未来の思い出”を創るということ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Book Bang

 君の夢よ叶えと願う皆さん、こんにちは。ジャニーズ出演ドラマ/映画の原作小説を紹介するこのコラム、今回はニノの七変化に心震えるこの映画だ! 

■二宮和也(嵐)・主演! 「浅田家!」(2020年、東宝)

 消防士やバンドなどさまざまなシチュエーションになりきった家族写真『浅田家』(赤々舎)と、東日本大震災の現場から写真やアルバムを救い出した人々を追った『アルバムのチカラ』(同)を手掛けた写真家の浅田政志。「浅田家!」は、家族写真という視点から彼の半生を描いた、事実を基に構成された映画である。公開前には中野量太監督によるノベライズ『浅田家!』(徳間文庫)も出版され、活字でも物語が味わえるようになった。  三重県津市に生まれ育った浅田政志は、父の影響で子どもの頃からカメラに馴染み、高校卒業後は大阪の写真専門学校に進んだ。自分にとって唯一無二の写真を撮るという課題に向き合ったとき、思い出したのは家族のこと。そこで家族に協力してもらい、政志にとって一番の家族の思い出──幼い頃に父・兄・自分が次々とケガをして母の勤める病院に運び込まれた時の、包帯を巻かれ痛がる男3人とあきれ返る看護師の母、という場面を同じ家族で「再現」したのだ。  これをきっかけに家族写真に目覚めた政志は、家族の「なりきり写真」を持って上京。売り込みを続けた結果、見事『浅田家』で写真集の芥川賞とも言われる木村伊兵衛写真賞を受賞した。その後、いろんな家族の写真を撮り続けた政志。ところが、彼が写真を撮ったある家族の住む町を東日本大震災が襲った。被災地に飛んだ彼が目にしたのは、瓦礫の中から集められた写真を洗浄し、持ち主に返す活動している一人の青年だった……。  というのが映画及びノベライズの基本的なストーリーだ。ノベライズとは映画をそのまま小説にしたものだから、基本的に描かれている内容に違いはない。だからノベライズを読み返すことで、映画のその場面を何度でも思い出し、味わうことができる。  もちろんちょっとした違いはある。映画では省略された、被災地の少女の「その後」がノベライズには描かれているのは嬉しいボーナスだった。また、専門学校卒業後、就職もせずぶらぶらしていた頃の政志の長髪を「遠目で見るとキムタク風」と描写しているのには笑ってしまったぞ。さすがに映画ではその言葉はなかったが、ニノに対して「キムタク風」ってメタ過ぎるだろ! そんな細かい「映画にはなかったな、これ」という場面を探しながらノベライズを読むと、その場面がニノで浮かんできて楽しいぞ。

【関連記事】