Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナウイルス関連倒産 洋紙等卸売の(有)北村紙店[荒川区]が破産開始

配信

東京商工リサーチ

新型コロナウイルスの影響で受注キャンセル相次ぐ

 (有)北村紙店(TSR企業コード:293470235、法人番号:9011502007969、荒川区東日暮里4-31-4、設立昭和49年4月26日、資本金300万円、北村洋一社長)は5月14日、東京地裁から破産開始決定を受けた。破産管財人には小田切豪弁護士(三宅・今井・池田法律事務所、新宿区新宿1-8-5、電話03-3356-5251)が選任された。  負債総額は債権者18名に対して約1億円。    洋紙、板紙の加工・卸売を手掛けていた。印刷業者や近郊の小売などと取引を広げ、ピーク時の1996年2月期に売上高約2億3000万円をあげていた。 しかし、紙の消費減に伴い、受注は低迷し、2019年2月期には売上高約1億1000万円まで減少していた。この間、同人誌即売会のコミックマーケット(コミケ)向けの印刷用紙の受注など販路の拡大を模索していたものの、赤字決算も散発するなどし、厳しい資金繰りが続いていた。  2020年に入り、新型コロナウイルスの影響によるイベントの中止や受注のキャンセルが相次いだことで、事業継続を断念。5月14日で事業を停止し、今回の措置となった。