Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

美しすぎる虫図鑑に感動! 高野山真言宗の僧侶が昆虫撮影にのめり込んだ理由とは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Book Bang

庭や公園で出会える小さな虫たちの超拡大写真が収録された『美しき小さな虫たちの図鑑』が刊行。熱帯雨林の虫たちにも負けないカラフルで美しいデザインは驚きの連続です。普段はまったく気づかない小さな虫たちの“本当の姿”が映し出されています。 著者は、僧侶をしながら虫ブログ「ムシをデザインしたのはダレ?」を運営している原有正さん。本作の刊行を期に、昆虫撮影をはじめたきっかけや撮影を通して気づいた仏教との繋がりについてお話を伺いました。

あなたの足元に広がる 美しき小さな虫たちの世界

──世界の美しい虫の本はありますが、“小さくて身近な美しい虫”というのは、珍しいですね。 原有正(以下、原) 熱帯雨林には、とんでもない形や派手な色の虫がいますよね。でも、私たちの身近な場所にもたくさんの美しい虫たちが生きています。この本では、自宅の庭や近所の公園で撮影した、めずらしくも何ともない小さな虫たちが主役になっています。 ──ハエやカといった馴染みがある虫も登場していますね。こんなにも緻密で美しいデザインだったとは、驚きました! 嫌われ者な彼らですが、本当の姿を知って印象が変わる人が多そうですね。 原 本の冒頭にも書きましたが、ハエを初めて撮影したとき、私も本当にびっくりしました。汚物に集まる良くないイメージしかありませんでしたから。昆虫で美しい目の持ち主は童謡「とんぼのめがね」のトンボがピカイチだと思っていましたが、ハエのメガネもバリエーションの豊富さ・美しさともに圧巻です。 カといえば、現れるとすぐさまパチンと手で叩き、何も感じるところのないままゴミ箱に捨てる人が多いですよね。本書では夏場によく見かけるヒトスジシマカが登場するのですが、実は白黒の細やかな鱗片に覆われた、繊細で複雑なデザインの持ち主なんです。私の写真を見た方から「カを見かけても叩かず逃がすようになりました」と言っていただいたときは、嬉しかったですね。 ──小さな虫の、肉眼では認識できない微細な構造まで分かるのが面白いですね。鱗があったり、フサフサ毛が生えていたり……。 原 多くの写真には深度合成撮影を用いています。顕微鏡の対物レンズなどを使用して、ピントの合う範囲を正確にずらしながら数枚撮影し、それらを合成すれば、意図する範囲にピントがあった写真が出来上がります。肉眼では小さくてよく分からなかった形やディテールが鮮明に顕れる。つまりは“本当の虫の姿”を知ることが出来るのが最大の魅力です。

【関連記事】