Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「次なるコロナ」を未然に防ぐためのコンセプト『ワンヘルス』 個人・企業・教育機関の実践法とは?

配信

AMP[アンプ]

依然として世界各国で感染者を出し続けている新型コロナウイルスは、人的被害だけでなく、多大な経済損失ももたらしている。 国際通貨基金(IMF)によれば4月初旬現在、世界中合わせて4兆5000億USドル(約478兆9000億円)相当の緊急措置を承認しているという。またアジア開発銀行は5月中旬、同ウイルスのパンデミックは、世界経済に最大で8兆8000億USドル(約940兆円)の損失を与えることになるだろうと発表している。 一方科学者たちは、これほど多額の経済支援金が用意できるのなら、それを「ワンヘルス」にあてるべきと口をそろえる。「ワンヘルス」とは一般的に「人間・動植物・環境各々の間につながりがあり、三者がそろって健康であってこそ、地球の繁栄がある」というコンセプトで、多くの分野にわたる専門家が協働するのが特徴だ。 「ワンヘルス」アプローチを採用した場合、年間数百億USドルの導入・運営費がかかるといわれている。しかし、景気回復のための補助金には及ばない。資金を事後に付け焼刃的に投入するのではなく、「ワンヘルス」アプローチを取り入れ、問題を根本的に解決した方が良くはないだろうか。

個人宅からも人獣共通感染症が広まる可能性がある?

米国疾病管理センター(CDC)は、米国内・世界の感染症対策を行う総合研究所だ。「ワンヘルス」アプローチを公衆衛生に取り入れる場合、人間や、ペットや家畜、野生動物の健康、環境の状態を改善するために協力して働くのは一般的に各々の分野の専門家だ。それはCDCでも変わらない。 しかしCDCは、「ペットが健康であれば、飼い主も健康」という「ワンヘルス」のコンセプトに基づき、一般人にも「ワンヘルス」アプローチを指導している。これはペットを飼う家庭から人獣共通感染症を出さないためでもある。 遊んだり、えさを与えたり、おもちゃや食器、ケージ、水槽を掃除したり、ペットの体を洗ったり、ペットが主にいるスペースに行ったりした時など、ペットと関わった際は手洗いを怠らないようにする。手の洗い方は新型コロナウイルス予防のための洗い方と同じで良い。 獣医に連れて行き、健康診断や予防接種を受けさせ、定期的に駆虫を行うことも大切だ。栄養のあるえさを与え、水の交換も欠かさない。 衛生管理にも気を配る。ペットが使う食器などを台所や洗面所で洗ったり、保管したりしないこと。こうしたものは屋外に置くようにする。 犬を散歩に連れていった際のふんは必ず持ち帰り、処分する。猫のトイレ用の砂は毎日掃除をし、カバーをする。子どもたちにペットの正しい接し方や飼育方法を教え、5歳以下の子どもがペット動物と共にいる場合は、必ず親などの大人が付き添うようにする。 難しくはないが、こうした行動をもし怠れば、飼い主自身が感染症にかかり、そこからウイルス感染が拡大する可能性もある。ペットの飼育には十分な配慮が必要だ。 また時に野生動物を見かけることがある。触ったり、家に招き入れ、えさを与えたりしてはいけない。動物の子どものみがいた場合、親に捨てられたかに見えても、実際そうではないケースも多い。親がすぐ近くにおり、子どもを守ろうと襲ってくることも考えられる。けがをしないためにも近寄らないようにする。

【関連記事】