Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

犬なりに理由が!「散歩で歩かないとき」どうしたらいい?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
いぬのきもち WEB MAGAZINE

犬にとって散歩は、運動不足解消やストレス発散といった重要な役割があるため、できるだけ毎日連れて行ってあげたいもの。しかし、中には「愛犬が散歩で歩かない」と、お困りの飼い主さんも少なくないようです。 では、どうして犬は散歩で歩かなくなってしまうのでしょうか?  シチュエーション別に見ていきましょう。

子犬がなかなか歩かないとき

子犬が散歩を嫌がる場合は、恐怖心が原因かもしれません。散歩デビューしたての子犬にとって、外の世界は初めてのことだらけ。車の音やすれ違う自転車、知らない人や犬、また、これまで経験したことのない地面の感触も、怖いと感じる犬は少なくありません。 この場合、しばらくは歩かなくても焦らずに、外のさまざまな刺激に慣らすことから始めてみましょう。 最初は、家の外の空気を感じさせる程度でOKです。それだけでも犬は、風や外のニオイなど、さまざまな情報を感じ取ります。その際、「気持ちいいね」など、やさしく声をかけると、犬の恐怖心を和らげることができるでしょう。 それに慣れたら、抱っこやカートに乗せた状態でよいので、車やバイクの音を聞かせたり、自転車や人とすれ違ったりする練習をしてみてください。

途中で歩かなくなるとき

犬が散歩の途中で歩きたがらなくなるのは、過去に散歩で嫌な経験をしたからかもしれません。また、散歩のルートを自分で決めようとしている場合も。 この場合、散歩ルートを見直すと解決できることがあります。まずは、どこで歩かなくなってしまうのか、愛犬が苦手な場所をチェックし、その場所を避けるルートを再検討しましょう。また、散歩ルートをあえて決めないのもよい方法です。 そのほか、散歩中にきちんと歩くとおやつがもらえる、アイコンタクトしたらおやつがもらえるなど、犬にとって「イイコト」を増やし、散歩の印象をよくするのも、歩かせるための近道といえるでしょう。

ニオイかぎに夢中で歩かないとき

情報収集できる散歩中のニオイかぎは、犬にとってとても大切な時間。そのため、ニオイかぎに夢中で、なかなか歩かない犬も多いようです。 散歩中にまったくニオイかぎをさせないのは、犬にとってストレスになってしまうので、この場合、散歩ルートの中に「ニオイかぎをしてもよい場所」を設けるのがおすすめです。 ただし、飼い主さんの合図でニオイかぎをやめられるのが理想なので、飼い主さんが名前を呼び、「行くよ」など声をかけたら再び歩き出せるよう、練習しておきましょう。 なかなかニオイかぎをやめない場合は、小型犬なら抱っこで、中~大型犬ならおやつで誘導し、その場から離れてください。

【関連記事】