Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

みなと町グルメ 魚介類満載でわずか300円! キャンペーン初日から大盛況(鳥取・境港市)

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TSKさんいん中央テレビ

山陰中央テレビ

境港産の海の幸を使った新メニューをわずか300円で味わえるグルメキャンペーンが境港市できょうから始まった。 コロナ禍の影響を受けるお店も久々の賑わいを見せている。 丼からはみ出る大きなベニズワイガニ。境港市の飲食店が提供するベニズワイガニのカニたまあんかけうどんです。 その値段はわずか300円。 お客さん 「300円っていうのを目当てに来ました。」 安部記者 「ベニズワイガニ1枚のうち半分の身があんにも入っていて、食べごたえもある。とても300円とは思えない豪華さです。」 境港市港湾空港対策 室梅谷俊一室長 「全国大会が開催される予定だったが、まずは市民の方にご当地グルメを知ってもらいたい。」 きょうから始まった「境港のSea級グルメキャンペーン」。今月、境港を会場に予定されていた全国の港町グルメを集めたイベントが新型コロナの影響で来年へ延期となったため、その代わりとして境港市が365万円をかけ独自に企画した。 対象となるのは参加を希望した市内の10店舗で、境港産の海の幸を使って800円相当のオリジナルメニューを考案し、市が費用の一部負担、300円で提供する。 お客さん 「うまい。」 こちらの喫茶店で提供するのは境港サーモンなど4種類の魚介類を載せた海鮮丼。 しじみ汁もついている。 お客さん 「魚も新鮮でおいしい。」 「300円なら毎日きそう。」 お昼時、店内はほぼ満席。コロナ禍の影響を受けていたお店にとっても嬉しい悲鳴。 喫茶クロ 柏木真穂実さん 「暇なのに慣れていたので、こんなになると思ってなかったので本当にびっくり。」 このキャンペーンは来月15日までで、各店舗200食限定でなくなり次第終了。

山陰中央テレビ

【関連記事】