Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

受験生の勝負の夏!塾業界は夏期講習の日程変更など対応に追われる【岡山・岡山市】

配信

OHK岡山放送

岡山放送

受験の「天王山」とも呼ばれる夏、学習塾にも影響です。岡山県立高校などで夏休みが大幅に短くなる中、夏期講習の日程の変更など対応に追われる岡山市の学習塾を取材しました。 2021年の大学入試共通テストまで200日を切った7月2日、自習室には受験生の参考書が並んでいました。岡山市北区にあるおうしゅう塾岡山駅前校の2号館です。 (鴎州コーポレーション高校部 森山泰誉部長) 「窓は開けてます。席も2人掛けのところに1人」 新型コロナウイルスの影響は、塾業界にも及びました。その1つが6月から申し込みを受け付けている夏期講習です。 (森山部長) 「今年(2020年)はコロナの影響で学校が遅くまで授業をするので午後の時間に特別講座を設置できない」 2ヵ月に及んだ臨時休校による授業の遅れを取り戻すため、県立高校の夏休みは8月8日から16日の9日間と大幅に短くなりました。このため塾では夏期講習を開ける時間帯が限られ、授業時間を減らさないための日程調整に追われました。 (森山部長) 「特別講座はお盆の1週間に詰め込んで朝から晩までみっちり。例年通りの時間を確保した」 (報告 新田俊介記者) 「そして校舎にはずらっと夏期講習のキャンペーンのポスターです。受験生を応援するため、今年(2020年)初めて行います」 (森山部長) 「できることをしっかりと身に着けてこの夏の時期をムダにせず頑張ってほしい」 入試に向けて学力アップの正念場。 塾にとっても受験生にとっても例年にない状況で勝負の夏を迎えます。

岡山放送

【関連記事】