Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

暴風、浸水、停電…長崎に台風9号の爪痕

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日本テレビ系(NNN)

Nippon News Network(NNN)

2日夜から3日未明にかけて台風9号が接近した長崎県では、各地で被害が確認されています。 台風9号の接近に伴い、対馬市厳原では午前1時前、46.2メートルの最大瞬間風速を観測。県のまとめでは、新上五島町で民家のガラスが割れて母親と2歳の娘が顔を切るなど県内であわせて5人が軽いケガをしたほか、住宅の床下浸水などの被害も確認されています。 九州電力によりますと、暴風で電線が切れるなどして19の市と町で最大でおよそ13万5600戸が停電し、午前10時時点で6万戸近くが復旧していません。 県内に出されていた暴風、高潮警報はすべて解除されましたが、気象台は暴風やうねりを伴った高波に注意するよう呼び掛けています。

【関連記事】