Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コリィ・テイラー、ソロ・デビュー・アルバムのレコーディングを完了

配信

BARKS

スリップノット/ストーン・サワーのフロントマン、コリィ・テイラーが、初となるソロ・アルバムのレコーディングを終えたそうだ。 ◆コリィ・テイラー画像 テイラーは先週金曜日(5月22日)、We Are Hearが配信するヘイルストームのリジー・ヘイルが司会を務める『Raise Your Horns With Lzzy Hale』にゲスト出演し、ステイホーム中何をしているかとの質問にこう答えた。 「こっそり、俺初のソロ・アルバムをレコーディングしてた。この数年ソロ公演で一緒のバンド、それに、ずっとコラボしてきた何人かとね。ジェイソン(・クリストファー/B)、Walls Of JerichoのDustin(・Schoenhofer)がドラムで、長年ジャムしてきたZach Throne、それにストーン・サワーのTooch(クリスチャン・マルトゥッチ)だ。俺を含めこの5人でやったんだ。約2週間半で25曲をレコーディングした。すべてライブだ。カッコいいよ。本当に本当にクールなんだ」 曲はテイラーが長年書き溜めてきたもので、スリップノット、ストーン・サワーには合わないと感じていたという。「俺には曲があるじゃないかって気づいたんだ。それにどのみち、ソロ・アルバムについてはずっと話していたし、“やるなら今”って思ったんだよ。彼らは完璧なコンビネーションだ。俺ら同じ種類の音楽を愛してるからね」 リリース日等の詳細はまだ決まっていないという。 スリップノットは今年2月終わりまでヨーロッパ・ツアーを開催したが、新型コロナウイルスによりライブ活動は中断。<KNOTFEST JAPAN>をはじめ、北米での<KNOTFEST ROADSHOW>サマー・ツアー、UKで初の<KNOTFEST>およびクルーズ・フェスティバル<KNOTFEST AT SEA>などが延期された。 Ako Suzuki

【関連記事】

最終更新:
BARKS