Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

西武・山川穂高が手に入れた新たな“武器”。屈辱を味わい、野球人生最大の決断で弱点克服

配信

テレ朝POST

いよいよ開幕したプロ野球ペナントレース。パ・リーグ3連覇を目指す埼玉西武ライオンズの主砲・山川穂高は、今シーズンを迎えるにあたり、野球人生最大の決断をくだしていた。 6月21日(日)の『GET SPORTS』では、開幕直前の山川にテレビ朝日野球解説者・古田敦也が話を聞いた。

◆「悔しくてしょうがなかった」

古田:「練習試合を見ると完全に仕上がっているなって思ったんですけど?」 山川:「そうですね。打ち方はいいと思いますし、過去にないくらい仕上がっています」 古田:「今年は120試合という話なんですけど?」 山川:「ホームランは3試合に1発打てば40発なので、目標は40本です」 古田:「盗塁は3個くらいでいいですか?」 山川:「盗塁は…遠慮しておきます」

直前の練習試合では10試合で5本のホームランと絶好調の状態で開幕した山川だが、実は昨シーズン、かつてないほどの大きな屈辱を味わっていた。 「その日は監督の顔も見たくなかったし、コーチの顔も見たくないくらい。悔しくてしょうがなかった」(山川) そう振り返るほどの悔しさを味わったのは、2019年8月11日(日)のロッテ戦。リーグ連覇へ首位争いの真っただなか、極度のスランプから2年間座りつづけた4番を外れたのだ。 山川の代わりに6度の本塁打王を手にした中村剛也が4番に定着すると、チームは快進撃。9月にはじめて首位に立ち、そのままリーグ連覇へと登り詰めた。 優勝が決まった歓喜の夜、山川に自己採点してもらうと「2点です。4番を打てていないし、打率低いし…」。 屈辱の4番降格、その原因となった打撃不振を象徴する試合がある。 山川:「去年7月のロッテ戦、相手は二木康太投手」 古田:「何があったのですか?」 山川:「ストレートを待っていたのにまったく当たらず。手が出なかった」 4番降格の1か月前、2019年7月のロッテ・二木康太投手との対戦でのこと。山川は初球、狙っていたストレートを空振り。 古田:「タイミングを自分で合わせるつもりでも当たっていない」 山川:「大きいのを打ちたいという気持ちが強すぎた。フォーム的な問題で言ったら動きが大きい。ムダな動きが多かった気がします」 さらに2ボール2ストライクとなっての6球目のストレート。今度は手が出ず見逃し三振。 山川:「プロ野球人生のなかでもなかなか…。ストレートを待っているのに、ストレートに手が出ないのはマズイと思って。今だから言いますけどキャッチャーの田村も『山川さんどうした?』と言いながらやっていたんで、僕も打席で『いや当たらんのよ』って言いながら…」 古田:「そこでこれじゃいけないなと?」 山川:「オフになったらすぐにバッティングを極端に変えようというのを決めました」 ストレートを狙っているのにもかかわらず、空振りを喫し、さらにまったく手が出ないという非常事態。そこで決断したのが、打撃フォームの改造だった。

【関連記事】