Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

八千代でもシェアサイクル コインパーク社7カ所に新拠点 観光やビジネス、買い物に

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
千葉日報オンライン

 千葉県内などで自転車時間貸しのシェアサイクル事業を展開する「コインパーク」社は、新たに八千代市内の東葉高速鉄道駅と京成バラ園に計7カ所のサイクルステーションを設置し、運用を開始した。自転車をどこでも借りられて好きな場所で返却できる同事業は、千葉・船橋・習志野の各市で導入されており、八千代市が加わることでさらに広域でのサイクリングが可能となる。  同市内に新設されたサイクルステーションは、東葉高速鉄道の(1)八千代緑が丘駅(2カ所)(2)八千代中央駅(1カ所)(3)村上駅(同)と、(4)京成バラ園(3カ所)。  同事業は全国で展開されている「ハローサイクリング」の一部。全国どこのステーションでも自転車を借りられ、どのステーションでも返却できるのが特徴。八千代市内のステーションはいずれも8月に運用が始まった。  利用方法は、スマホアプリによる自転車の利用予約・決済で、現金は使えない。初回利用時にICカードを登録すれば、2回目以降は予約なしで利用できる。料金は15分ごとに70円(税込み)。12時間までは最大千円で利用できる。入会金や年会費も不要。  サイクルステーション用に駅の一部を貸与した東葉高速鉄道は「自転車なら八千代の新川や里山を訪れたり、道の駅に気軽に行ったりできる。ビジネスや買い物でも使ってほしい」と利用を呼び掛け。  コインパーク社は「県内では千葉市など事業を広域展開している。八千代の新しいステーションも使ってサイクリングを楽しんでもらいたい」としている。問い合わせは同社(電話)03(3357)5561。

【関連記事】