Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Stay Roomで、音楽制作始めてみない? マイカ・ルブテが教える、音楽の楽しさとおすすめ機材

配信

ギズモード・ジャパン

この機会に音楽を作ってみたい。そんな方のために。 外出自粛状態の中、新しいことに挑戦しているとの声をよく耳にします。ぜひその選択肢の中に「音楽制作」を入れてみてはどうでしょうか? 【全画像をみる】Stay Roomで、音楽制作始めてみない? マイカ・ルブテが教える、音楽の楽しさとおすすめ機材 今や音楽は、「Macがあれば作れてしまう」どころか、iPhoneで作ってしまうミュージシャンもいる時代。 そこでギズでは、シンガーソングライターとして自宅スタジオを拠点に音楽制作を行い、世界各国でライブを行っているアーティストであるMaika Loubté(マイカ・ルブテ)さんに取材を行いました。 つい先日もスペインのオンラインフェスに出演した彼女は、どのように音楽を作り始め、どんな機材で活動しているのでしょうか?

歌の上手な友だちに歌ってもらうため、音楽を作り始めた

──マイカさんが音楽を作り始めたのは、いつ、どんなきっかけからでしたか? マイカ・ルブテ(以下、マイカ):中学校2年生くらいの頃、同じクラスにすごい歌の上手な女の子がいて、その子に歌ってもらおうと思って曲作りを始めました。私は、父親がクラシック好きなのもあって小さい頃からピアノを習っていたんですけど、その一方でポップスに憧れを持っていて、自己流で作りました。 ──作曲方法に関しては、ピアノの練習を重ねる中で自然と「こうやれば曲が作れる」と理解していったのでしょうか? マイカ:そうですね。最初は何かを真似していたとは思うんですけど、独学です。録音をやり始めたのもその頃で、「もっとビートを入れてみたい」と思い始めて、録音機能もついているオールインワンのシンセサイザーを親にねだって誕生日に買ってもらったんです。鍵盤でドラムを叩いて、デモ音源として歌の上手な友だちに渡していました。 ──当初からプロデューサー気質というか、自分で録音したい思いがあったんですか? マイカ:音楽をやっている友だちがあんまりいなかったんですよ。周りにドラムをやっている子やギターをやっている子がいたら「バンド組もうよ」って感じだったと思うんですけど、いなかったので「自分で曲を作ってみよう」と。

【関連記事】