Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ヘッドが軽い」ドライバーは大型ヘッド苦手ゴルファーを救うか? 460cc時代のフィッティング考

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

460ccの大型ドライバーがどうも苦手、というゴルファーは一定数いる。それは一体なぜか? どうしたら振りやすくなるのか? そこを考え続けるギアライター高梨祥明が自らの考えを述べる。

大型ドライバーがうまく使いこなせない。そこで考えたのが“ヘッドの軽量化”

今回のお話は、ゴルフ業界のトレンドというわけではなく、筆者自身とその周辺で少しだけ盛り上がっているゴルフクラブのヘッド重量設定の話である。最初にキーワードを明示しておくと“ヘッドの軽量化”がテーマ。 たとえば、ドライバーヘッドの場合、200グラム以内を一つの目安として作られている場合が多いが、どうやらその重さに“やられている”ゴルファーが少なくないのではないか? そういう実感がある。それは次のような実験をここ数年繰り返してきたことで行き当たったものだ。とりあえず、この3年間でやったことを列記してみたい。 ・とにかく硬いシャフトを探して装着する ・超カウンターバランスにする ・40インチまでシャフトを短くする これは試してみたことの大雑把な順番であるが、結果として、とにかく硬いシャフトを選び、さらに短尺仕様にすれば、最近の大型ドライバーの操作性がアップして“苦手意識”がなくなってくることがわかった。もちろん、その効果は使い手による。正解・不正解とかではなく、従来のドライバーがうまく打てない場合は、超硬・短尺仕様にすることで一定の成果が見込める感触を得た、そういうことである。 硬い、短い、カウンターバランスなどと書くと、それぞれに異論反論が出てきそうだが、そのどれもが実は同じことを目的として試されたものである。その目的は、結局、“ヘッドを軽くしたかった”、のである。 シャフトを硬くすれば、ヘッドが軽く感じられる。カウンターバランスにして手元側を重たくすれば、ヘッドが軽く感じられる。シャフトを短くすれば、やはりヘッドが軽く感じられる。200グラム前後で作られている従来のドライバーヘッドで、振りやすさや操作性を上げていきたい。あるいは他のクラブ(アイアンやウェッジ、パター)との繋がりをアップさせたいと考えた時に、経験的にやりたくなってしまった方法が、“ヘッドを軽くする(感じさせる)”ことだったのである。

【関連記事】